28

6月 2012

フェラーリ・カヴァルケード2012

エミリア地方の伝説のレースに、世界中各地から100台以上のフェラーリとオーナー・ドライバーが集結

6月26日、イタリア・マラネッロ発 世界各地から集った100人を超えるフェラーリの客様は、マラネッロで生まれたフェラーリ車輌ゆかりの地、エミリア・ロマーニャとトスカーナを愛車と共にパレードし、その素晴らしさを肌で感じるひと時を過ごしていただけます。6月28日(木曜日)から30日にかけて、伝説的なパレードがイタリアで開催されます。今回のパレードは、ミッレ・ミリアのコースに加え、フェラーリが数多く勝利したイモラやムジェッロ、そしてフィオラーノ同様にかつてフェラーリのテストコースとして使用した、サビオ・サーキットをドライブする予定です。

Ferrari Cavalcade 2012

この「フェラーリ・カヴァルケード」初日は、ボローニャからサンテルノ川沿いを「ディーノ&エンツォ・フェラーリ」サーキットのあるイモラを目指します。サーキットにおいて、参加される方々は、クラス分けしたレースによる技能テストを愉しんだ後、エミリア・ロマーニャの市街地ルートを走行する予定です。また、バラッカ一族の故郷であり、ポー川デルタ地帯、ルーゴの街道を抜け、ポンポーサ修道院にも立ち寄ります。帰路はフェッラーラ・デリ・エステンシの美しい街道を走り、ピアヌーラ・パダーナと呼ばれる平原を駆け抜けます。金曜日はモデナ周辺とフェラーリゆかりのマラネッロ訪問に加え、フィオラーノ・サーキットでの走行を予定しています。この日の終わりにはアッペンニン山脈を抜け、ムジェロ・サーキットへ。その後フィレンツェのピアッツァ・デッラ・シニョーリアへと向かいます。600kmの旅の最終ステージは、ボローニャ。ミッレ・ミリアの伝説的街道であるフータとラティーコサを駆け抜けます。

参加される方々の国籍はフェラーリ・ブランドの国際性を際立たせています:ここに記載できるのはごく一部ですが、アメリカ、中国、レバノン、香港、アラブ首長国連邦、メキシコ、南アフリカ。欧州からはフランス、ドイツ、ベルギー、英国、そしてロシアなど。今回の「フェラーリ・カヴァルケード」は、フェラーリのお客様に、イタリアの素晴らしい景観や息を飲むような芸術と食事を堪能していただくためのイベントです。今回のイベントは、フェラーリのお客様をこの国の隠れた宝石とも言えるもっとも貴重なエリアにお連れし、今後開催されるイベントへの新たな指標となるでしょう。

Ferrari Cavalcade 2012

今回、「458スパイダー」で実施した最終ルート・チェックの模様は、オフィシャル・ウェブサイトFerrari.comでご覧いただけます。エキサイティングなツアーに完全フィットし、「ベスト・パフォーマンス・エンジン・オブ・ザ・イヤー」に輝いたオープン・モデルのV8、出力570 cvを誇る魅力的なエンジン・サウンドをご堪能ください。

随時アップデートされる「フェラーリ・カヴァルケード」の美しい画像および動画はFerrari.comにてお愉しみいただけます。

開催地
ピアッツァ・オンニサンティ, 50123 フィレンツェ , トスカーナ州、イタリア

詳細

エミリア州とトスカーナ州を120台のフェラーリが駆け抜けるイベントについての詳細。