セパンの地で、戦い再び

セパンの地で、戦い再び

GT & スポーツカー

2016年8月5日、マレーシア・セパン発 フェラーリ・チャレンジ・アジア・パシフィック 2016、第4ラウンドが本日から3日間(8月5日、6日、7日)、マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで開催されます。長く伸びるコーナーとワイドなストレートで有名なセパン・サーキットを舞台に31名のドライバーが458 Challenge EVOのハンドルを握り、エキサイティングなバトルを繰り広げます。色鮮やかな跳ね馬がひしめくレースは、観衆を興奮の渦に巻き込むことでしょう。

順位
6月12日、上海国際サーキットでのレースを終えた時点で、トロフェオ・ピレリ・クラスは、オーストラリアのスティーブ・ワイアット氏とインドネシアのレナルディ・ハタソイ氏が100ポイントで首位に並び、ベルギーのフローリアン・メルクス氏が93ポイントでこれに続いています。ピレリAMクラスでは、90ポイントで首位を走る中国人ドライバーのシン・ジン氏をカナダのエリック・チェン氏が81ポイントの僅差で追い、中国のヤン・ビン・シン氏が66ポイントで続いています。さらにコッパ・シェル・クラスでは、中国のリアン・ワン氏が合計111ポイントへとリードを広げ、これを35ポイント差で中国のフェイリン・ハン氏と日本のKen Seto氏がどちらも76ポイントの2位タイで追う展開となっています。

日程
レース前にはプラクティスを含む4つのセッションが行われます。レース1は8月6日の現地時間15時45分(日本時間:16時45分)、レース2は8月7日(日曜日)の現地時間13時25分(日本時間:14時25分)にスタートします。