2,800万ドルのレディ

2,800万ドルのレディ

GT & スポーツカー

290 MM の圧倒的な価値

12月11日、米国・ニューヨーク発 

RMサザビーズの「ドリブン・バイ・ディスラプション」オークションにて、待望の車輌のひとつが予想を超える価格で取引されました。入札終了のハンマーの音が鳴り響いたとき、ファン・マヌエル・ファンジオがステアリングを握ったかの有名な Ferrari 290 MM のプライスは、2,800万ドル (約33億8,700万円) に到達していました。コレクターとして世界的に有名なピエール・バルディノン氏が所有していたこの車輌は、現存わずか4台という希少なモデルの1台です。

 

まさに不死身
この 290 MM(シリアル・ナンバー 0626)は、スクーデリア・フェラーリのワークスカーとして数々のレースに参戦し、スクーデリア・テンプル・ビュエルへ販売された後も米国で最も過酷なレース等に出場しました。そして、8年もの長きにわたるレースキャリアの中で、ついに一度もアクシデントに見舞われなかったことから、”l’Indistruttibile(不死身)”というニックネームを授かりました。

ドリームチーム
この 290 MM のステアリングは、名だたるドライバーが握っています。ファン・マヌエル・ファンジオはもちろん、1961年にフォーミュラ 1 世界チャンピオンの栄冠を手にしたフィル・ヒル、伝説の名ドライバー、ピーター・コリンズ、ウォルフガング・フォン・トリップス、エウジェニオ・カステロッティ、さらには ルイジ・ムッソ、 オリビエ・ジャンドビアン、ヨアキム・ボニエといった耐久レースで名を馳せたドライバーまで、カテゴリーもまた広範囲に及んでいます。このスクーデリア・テンプル・ビュエルの車輌は一度、ワークスカーを抑えてブエノスアイレス1000 km レースを制覇するという見事な戦績も収めています。このときドライブしたのはマステン・グレゴリー、カステロッティ、そしてムッソでした。