1957年製フェラーリ335 S

1957年製フェラーリ335 S

GT & スポーツカー

パリで記録樹立

2016年2月9日、マラネッロ発 アールキュリアル社主催のサロン・レトロモビル・セールの主役の1台、スカリエッティ・ボディを換装した1957年式 335 S が、予想 レンジを超えるリザルトを記録しました。
フェラーリ・コレクターとして、世界的に有名な故ピエール・バルディノン氏所有 の(シャシー・ナンバー:0674)が、公開オークションでこれまでに販売された車 で2番目に高額となる32,075,000ユーロ(同日レートで約41億5170万円)で取引さ れました。今回のセールによって、現在、世界で最も価値のある自動車トップ10台 の中で、9台がフェラーリとなりました。

珠玉の逸品
素晴らしいコンディションのこの車輌は、そのレース戦績もまた見事です。1957年 のセブリング12時間レースで、ピーター・コリンズとモーリス・トランティニアン が交代でステアリングを握り、6 位完走を果たしたほか、同年のミッレ・ミリアで は、優勝したチームメイトのピエロ・タルッフィに続いて、ウォルフガング・フォ ン・トリップスのドライブで2位に入り、フェラーリ 355 S の 12 フィニッシュを 達成しました。
その後、スクーデリア・フェラーリは、この車輌でレース参戦を望んでいたルイー ジ・キネッティ率いる N.A.R.T(ノース・アメリカン・レーシング・チーム)に売 却し、同車輌のステアリングは、マステン・グレゴリー、ランス・リベントローと いった当時注目のドライバーに託されました。

「圧倒的な速さ」健在
400 cv に迫る出力を誇る 12気筒レーシング・エンジンを搭載する 335 S は、信じ られないほど速く、パワフルでした。1957年のル・マン24時間では、史上初めて、 周回平均速度200 km/hの壁を破るタイムを み、このフランスのクラシック耐久 レースの最速タイムを記録しました。今回のオークションでは、この魅力的なフェ ラーリの購入を望む 2名のコレクターが激しい入札バトルを繰り広げ、セールス・ プライスの記録達成までに15分とかかりませんでした。それは、まるで当時の圧倒 的なスピードが蘇ったかの様でした。