The 458 MM Speciale

The 458 MM Speciale

GT & スポーツカー

フェラーリが誇るワンオフ・プログラム新作品

5月31 日、マラネッロ − フェラーリは、フィオラノ・サーキットにてテストドライバーチーフのダリオ・ベヌッツィとイギリス人オーナーによる初試運転を行い、ワンオフ・プログラム新作を公開しました。

デザインはフェラーリ社内のスタイリング・センターが制作し、458Sepciale のシャシーと駆動装置を基に作られました。スタイルはスポーティーラインとオーナーの強い希望があり、またガラス部分に「サンバイザー」効果が要求されました。フロントピラーを黒にすることで、フロントガラスとリアドアガラスが一体と見え、継ぎ目がないような滑らかな表面となっており、1984年Ferrari GTOのスタイルに近いものとなりました。この効果が、同時にルーフラインを視覚的に下げ、フルボリュームで急傾斜のリアピラーを目立たせることになります。

たった一つのこのモデルは、3層塗装ビアンコ・イタリア(Bianco Italia)のボディーカラーとイタリア国旗に敬意を表し、緑・赤・白のラインを纏っています。アルミ製の車体とフロント、リア・バンパーはカーボンファイバー製という全く新しい、オリジナルの車を実現させました。458 MM Specialeにはサイドエアスクープが新たに取り付けられ、エアロパッケージを見直す特徴的な要因となりました。

 

空気力学に関するパーツの修正は、車の前方部分、より傾斜させ、接近させたラジエーターを覆っているが部分から見ることができます。サイドエアスクープは、エンジンを冷却するため、また車体の後部の新たなフォームを補う設計がされています。後部には、固定されたリアスポイラーが車重のバランスをとり、リアバンパから側面に続き車体を囲むようなラインを作り上げるだけでなく、前方に向かって鋭い傾斜がついているような印象を与えます。

458 MM Specialeには、この車のためにデザインされた特殊なホイールが装備されています。さらなるオリジナルな特徴は、取り替えた前方後方ライトです。またインテリアのグレードアップとして、オーナーの詳細な要求に合わせ、Hi-Fiシステムの設置やディテール部分を仕上げました。チョコレート色の革張りシートにホワイトステッチが施され、カーボン色で仕上げられたコックピットのエレガントさは、メーターパネルの各メーターを囲むリングを白い光沢のあるサテンの糸で縫われたように見せるなど細かい手法によってさらに引き立てられます。