FXX K が ADI コンパッソ・ドーロ賞を受賞

FXX K が ADI コンパッソ・ドーロ賞を受賞

GT & スポーツカー

ミラノで、フェラーリがデザイン界の権威あるアワードを獲得

マラネロ発、6 月15 日 – Ferrari FXX K が、このたびデザイン界の羨望の的であり最も誉れ高いアワードの一つ、コンパッソ・ドーロ賞に輝きました。フェラーリの名の下で昨夕の授賞式に臨んだのは、フェラーリ・デザインチームのシニア・バイスプレジデントのフラヴィオ・マンゾーニです。

授賞式において、ADI(イタリア工業デザイン協会)の審査員団は、「歴史的ブランドの価値を具体的な形に作り上げた素晴らしきチームへの褒賞として、コンパッソ・ドーロ賞をフェラーリとイタリア製品の価値を反映する偉大なる手工業の賜物、Ferrari FXX K に授けることにした」と語りました。

Ferrari FXX K は、公道用モデルとしてフェラーリの史上最高の性能を搭載した特別限定モデル LaFerrari から直接派生した極限的スポーツカーです。その美しきスタイルは機能上必然的に生まれたものであり、どのラインをとってみても、性能の向上に貢献しない部分はありません。デザイナーと空力エンジニアとのコラボレーションによる、性能と美が一体化した作品です。

FXX K は、昨晩の式典で受賞した13のデザイン製品のうちの一つでした。1954に制定されたコンパッソ・ドーロ賞は、専門家、デザイナー、評論家、歴史家、業界専門ジャーナリストから成るADI常設デザイン監視団による予選を経て選出されるものです。歴代のコンパッソ・ドーロ賞の受賞製品の中で、自動車製品による受賞はわずか9モデルにすぎませんが、そのうちの2つがフェラーリのものでした(2014年受賞のF12berlinettaと今回受賞のFXX K)。