「F12ベルリネッタ」、さらなるアワードを受賞

フェラーリ史上最強の高性能モデル「F12ベルリネッタ」は、カー・アンド・ドライバー誌・中東版より「スーパーカー・オブ・ザ・イヤー」と称えられられたことで、再び注目度を高めました。受賞式の席上、「これほどのパワーを備えた、日常的に利用可能なスーパーカーは未だかつてありませんでした」とカー・アンド・ドライバー誌のエディター、カーリン・ゲルビッヒ氏は語りました。「一言で言うなら、今日の市場における最高のスーパーカーです。スーパーカー・オブ・ザ・イヤー2013のタイトルは、F1のパワーとテクノロジーを備えた史上、最も美しいモデルの手に渡りました」

今回の評価は、デビューと同時にこのモデルが受けてきた数々の賞賛の頂点に立つものです。これまでも「F12ベルリネッタ」は、「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー2013」4リットル超部門とベストパフォーマンス部門のダブルタイトルをはじめ、昨年は「2012アウト・ビルト・ゴールデン・ステアリング・ホイール」賞、Evoマガジンの「エンジン・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。さらにはTop Gearから「スーパーカー・オブ・ザ・イヤー2012」のタイトル、GQ誌から2013年の同タイトルを授与されています。