F12tdF :サーキット・レベルの性能を一般道で実現

F12tdF :サーキット・レベルの性能を一般道で実現

GT & スポーツカー

11月8日、ムジェッロで開催のフィナーリ・モンディアーリでオフィシャル・デビュー

10月13日、マラネッロ発 フェラーリは、1950年代から60年代にかけて、フェラーリが席巻した伝説的な耐久ロード・レース、「ツール・ド・フランス」に敬意を表したモデル、Ferrari F12tdf を発表しました。

F12tdf は、サーキットでも十分通用する、究極のロードカー・コンセプトを極めた、生産台数799台の限定モデルです。来る11月8日、ムジェッロで開催のフィナーリ・モンディアーリにてオフィシャル・デビューする予定です。

F12tdF の性能は、数々の受賞歴に輝くF12berlinettaのエンジンを継承する最高出力780cvの自然吸気V12エンジンがもたらします。その結果、0-100 km/h 加速 2.9秒、0-200 km/h 加速 7.9秒という記録的な加速性能を実現しました。F12tdfのフィオラーノ・サーキットのラップタイムは、1分21秒フラットです。