Spider 記録を更新: 458 Speciale A

Spider 記録を更新: 458 Speciale A

GT & スポーツカー

2014 年 9 月 25 日 イタリア・マラネッロ発

フェラーリは、来るパリ・モーターショーにて、458 Speciale A(A は Aperta の頭文字)を発表します。世界デビューを果たすこの特別限定車輌は、458 シリーズのこれまでの輝かしいモデルの数々や、多数の国際的な受賞歴に加え、WEC でのダブルタイトル受賞及びル・マン 24 時間耐久レースやデイトナ 24 時間レース、また、セブリング 12 時間レースなど、伝統的なレースでのカテゴリー優勝をはじめとする、数々のサーキットでの勝利を祝福するものです。

499 人に限定されたフェラーリ・コレクターに向けて、458 Speciale A は、跳ね馬史上最もパワフルなスパイダーで、究極のパフォーマンスと圧倒的に他をリードするドライビング・プレジャーを両立させました。わずか 14 秒で開閉するアルミ製リトラクタブル・ハードトップは、車輌重量も Speciale クーペモデルに比べ 50kg の差にとどめています。

458 Speciale A は、フェラーリがこれまで生産したどのロードカーの V8 自然吸気エンジンよりもパワフルなものになっています。大容量出力 605cv(リッターあたり出力 135 cv)、トルクは 6,000rpm で 540Nm を発揮しながら、わずか 285g/km の CO2 排出量に留めています。また、3つのベスト・パフォーマンス・エンジン・アワードを受賞したV8 エンジンを記念し、特別なプレートがコックピットに収められています。

この全く新しいモデルは、0-100km の加速スピードはわずか 3 秒を誇り、フィオラーノ・サーキットを 1 分 23 秒 5 のラップタイムで駆け抜けます。これらの素晴らしい結果は、フロント及びリアのアクティブ・エアロダイナミクス、10 種類のアルミ合金を含有したシャシー剛性、及びどのようなドライビング・コンディションでも最高のスポーツ・ドライビングを可能にするサイド・スリップ・アングル・コントロール(SSC)によるところが大きく、また、フェラーリの象徴である官能的で刺激的なエンジン・サウンドも強調されています。

すべての跳ね馬のモデル同様、458 Speciale A の彫刻的なフォルムは、絶対的なパフォーマンス面を兼ね備えています。様々な革新的かつフェラーリ独自のボディワーク・ソリューションがほどこされたことにより、458 Speciale A はフェラーリのスパイダー史上最も高い空力性能を実現しました。

発表される 458 Speciale A のボディカラーは、独自の3層イエローに Blu Nart(ブルー・ナート)及び Bianco Avus(ビアンコ・アヴュス)のセンターストライプがあつらわれており、Grigio Corsa(グリジォ・コルサ)の 5 スポーク鍛造ホイールを装着しています。コックピットは、レーシングカーにインスパイアされた独特な仕様になっています。軽量でエクスクルーシブな素材が至る所に採用されているだけにとどまらず、フェラーリのシンボルである洗練された職人技をもって作られていることは言うまでもありません。特にダッシュボードの仕上げや仕様、特別なブルー・カーボンファイバー(トレッド・プレートにも同様に採用)を使用し型どられたドアパネル及びセントラル・トンネル、加えてコントラストのあるステッチ、3D ファブリックを用い新しいデザインの Alcantara©のシートは、特に洗練された職人技が見て取れます。

Speciale A 主要諸元

エンジン
総排気量 4497 cm3
最高出力 605cv / 9000rpm
最大トルク 540Nm / 6000rpm

車輌重量
乾燥重量 1340kg
パワーウェイトレシオ 2.21kg/cv

パフォーマンス 
0 – 100 km/h 3.0 秒
0 – 200 km/h 9.5 秒
フィオラーノ・ラップタイム 1 分 23 秒 5

燃料消費量
CO2 排出量** 275gr/km
**HELE システム搭載による複合サイクル(ECE+EUDC 複合サイクル)