「フェラーリ458スパイダー」と「F12ベルリネッタ」がオートモビル・マガジン誌の“ベスト・カー2013”において、2つの栄誉ある賞を受賞

「フェラーリ458スパイダー」と「F12ベルリネッタ」がオートモビル・マガジン誌の“ベスト・カー2013”において、2つの栄誉ある賞を受賞

GT & スポーツカー

フェラーリはフランスを代表する自動車雑誌「オートモビル・マガジン」による“ベスト・カー2013アワード”で、2つのタイトルを獲得しました。「458スパイダー」は“ベスト・カブリオレ”に、「F12ベルリネッタ」は“ベスト・クーペ”に、それぞれ選出されました。

今回の受賞により、この2つのモデルが受賞した国際的な賞の数は25を超えました。また、両モデルのエンジンも高く評価されており、「458イタリア」に搭載される570HP、4.5リットルV8エンジンは2011年、2012年と2年連続で国際エンジン・オブ・ザ・イヤー“ベスト・パフォーマンス・エンジン”賞を受賞しています。一方、「F12ベルリネッタ」に搭載される740HP、6.3リットルV12エンジンは、EVOマガジンの“2012年エンジン・オブ・ザ・イヤー”に選ばれています。

フェラーリは、嗜好の異なるフェラリスタのために、異なるフェラーリを提供することをエンジニアリング・ポリシーとして掲げ、これまでにないほど充実したラインナップを揃えました。「458スパイダー」も「F12ベルリネッタ」もそのラインナップの重要なモデルです。

「458スパイダー」は、エキサイティングな高性能ミッド・エンジン・コンバーチブルを創造するフェラーリの長い伝統を引き継いだモデルで、フェラーリ史上初めてリトラクタブル・ハードトップを採用しています。また、優れたパワーとスピード、そして空気力学的効率を備える「F12ベルリネッタ」は、フェラーリのフロントエンジン12気筒モデル伝統のエレガントなプロポーションを再解釈した、革新的なデザインを纏っています。