スター誕生:Ferrari 488 GTB

スター誕生:Ferrari 488 GTB

GT & スポーツカー

フェラーリ全レンジがジュネーブを席巻

2015年3月3日、スイス・ジュネーブ発

ジュネーブ・モーターショーの待望の瞬間は、もちろんFerrari 488 GTB、スポーツカーの分野における新たなベンチマークを設定するモデルでした。フェラーリ初のミッドシップV8モデルとして誕生した308 GTB から40年、Ferrari 488 GTBは、特別なアーキテクチャーを携えて8気筒モデルの歴史の新たな一歩を踏み出しました。

Ferrari 488 GTB は今回、新色ロッソコルサ・メット(Rosso Corsa Met)のエクステリア・カラーにブラック&レッドのテクニカル・ファブリック仕上げのキャビントリムおよびグリージョ・フェッロ・メット(Grigio Ferro Met)のエクステリア・カラーにブラック &ベージュのトラディツィオーネ・レザー仕上げのャビントリムという装いでデビューしました。しかし、フェラーリ・スタンドに詰めかけた方々を魅了したのは、これまでとは違い、新型モデルのお披露目だけでは終わりませんでした。

 

究極のパフォーマンスの代表、フェラーリ・レンジの中で最もパワフルなモデル、出力740cv を誇り、伝統のV12エンジンとトランスアクスル構造を備える F12berlinettaでしょう。今回は2つのバージョンのモデルがスタンドに並びました:ひとつは今や定番となった、3層塗装のロッソ・マラネッロ(Rosso Maranello) のエクステリア・カラーとレザー・インテリア & カーボンファイバー・トリム仕立てのインテリア、そして「エキュリー・フランコルシャン・チーム」、特に1964年のツール・ド・フランスで勝利した 250GTO に敬意を表したテイラー・メイド・プログラムで仕上げた1台で、250GTO と同じアルジェント・オートゥイユ(Argento Auteuil)のエクステリア・カラーに3層塗装仕上げによるイエローのレーシング・クロス・ストライプがアクセントのモデルです。

スポーツカーの隣には、GTモデルも展示されています:ネロ・ステラート(Nero Stellato)とグリージョ・ブルニート(Grigio Brunito)とのエレガントな2トーン・カラーのエクステリアに、トルトラ・カラーのキャビンの組み合わせで仕上げられたCalifornia T クーペ-カブリオレ。そこにモダンなビアンコ・イタリア(Bianco Italia)にペイントしたスターリング(Sterling)インテリアの4シーター、4輪駆動のFFも加わりました。両モデルとも、車輌のキャビンで iPhone を使うための最も簡単・安全・楽しいシステム、CarPlayを搭載しています。

また、スタンドには、フォーミュラ 1 の新しいシーズンの開幕を控え、フェラーリとモータスポーツとの深い関係を象徴するシングルシーター も展示されています。