Ferrari 488 GTB にジュネーブが驚愕

Ferrari 488 GTB にジュネーブが驚愕

GT & スポーツカー

極限のパワーと独自のドライビング・プレジャー

2015年3月3日、スイス・ジュネーブ発

フェラーリ初のミッドシップV8モデルとして誕生した308 GTB から40年、プランシング・ホース(跳ね馬)は、8気筒モデルの歴史の新たな一歩を踏み出しました。

Ferrari 488 GTB。このモデル名は、ヒストリック・フェラーリの命名法に立ち返り、ネーミングされました。つまり、488」は、搭載するエンジンの1気筒あたりの排気量であり、「GTB」は、Gran Turismo Berlinettaの頭文字です。この新型車輌は、かつてないほどの高い性能を実現しただけでなく、サーキット経験のない一般的なドライバーであっても、アグレッシブなまでのエンジン出力を余すことなく活用し、高いレベルのドライビング・コントロールを可能としました。

 

卓越したエンジンおよび洗練されたエアロダイナミクス、そしてさらに磨きをかけたビークル・ダイナミック・コントロールの組み合わせによって、切れ味鋭い応答性を極限まで突き詰め、ロードカーでありながら、レーシング・カーに匹敵する応答性を実現させました。

最高出力(670CV)のエンジン・レスポンスタイム(0.8秒)、車輌のレスポンスタイム(0.06秒)によって、個性を際立たせたFerrari 488 GTBは、ドライビング・スキルに関係なく、ステアリングを握ったすべての方に、格別なドライビング・プレジャーを提供します。

この性能の達成に、フェラーリは、モーターレーシングの2つの柱であるF1」および「GTレース」双方の経験を惜しみなく注ぎ込みました。GTレースでは、458がWECのタイトルを保持し、ル・マン24時間レースでは2クラスで優勝を果たしています。また、新型モデルは、フェラーリ・エンジニアが10年間、ジェントルマン・テストドライバーに向けたサーキット専用モデルの開発に取り組み蓄積してきたXXプログラム」のノウハウも最大限に活用しています。