Ferrari 50 Year Anniversary Japan Finale

Ferrari 50 Year Anniversary Japan Finale

GT & スポーツカー

日本限定のビスポーク・モデル、Ferrari J50で祝祭

2016年は、日本で初めてフェラーリが公道車輌として認証されてから50周年となる年でした。それを記念し、今年はフェラーリ・レイシング・デイズを皮切りに、北海道ラリー、大阪リバーサイドパーティ、インターナショナル・カヴァルケードなど、さまざまな特別イベントが日本で開催されました。

 

そして、この1年を締めくくる記念式典として”Ferrari 50 Year in Japan Anniversary Finale”が国立新美術館で開催され、300人を超えるVIPゲストの皆さまとともに、50周年を盛大にお祝いしました。

舞台となった国立新美術館のエントランスには、50年前に認証されたモデルである275GTBと、2016年発表の最新12気筒モデルGTC4Lussoがディスプレイされ、その向かいに勢揃いした現行モデルとともに、ゲストの皆様をお迎えしました。

 

記念式典のハイライトは、日本だけの限定モデル J50 の発表でした。この J50 は未来的、エキゾチック、そしてユニークをコンセプトに日本市場向けに開発されたものです。これまでの限定シリーズの中でも斬新なスタイリングとなった J50 からは、次世代のフェラーリデザインの方向性が垣間見られます。

ファイナル・イベントは、記念イベントで彩られた1年を鮮やかに締めくくるとともに、フェラーリの未来に思いを馳せる一夜ともなりました。