Ferrari California T デザインに敬意

Ferrari California T デザインに敬意

GT & スポーツカー

ライネ河畔で傑作の共演

バウハウスのランドマークであるファグス・ファクトリーに敬意を表するために、Ferrari California T は先日の朝、マラネッロからドイツまで旅をしました。バウハウスとフェラーリ? あまり共通点がないような組み合わせだと思われるかもしれませんが、実際にはこの2つは上手く釣り合っています。そのガラスの外観と幾何学的形状の相互作用で、ファクトリーは、均整のとれた力強いFerrari California T に魅惑的なコントラストをもたらします。

ユネスコ世界遺産のホームページによれば、「ファグス・シューズ・ファクトリー」は、バウハウスのヴァルター・グロピウス氏の父によって考案されたということです。1910年頃、ファクトリーが建てられた時、それは真新しい機能主義的な工業美術を取り入れることで、それまであった建築上の風習を打破したとのことです。その作品は、20世紀の建築とデザインにおける重要なマイルストーンの構成要素となりました。

Ferrari California T

1950年代の最初の誕生以来、Ferrari California は、優雅さ、軽快さ、そして多様性の融合を継承してきました。この車輌の最新バージョンである Ferrari California T は、隆起した面と彫の深い面の明瞭な相互作用を特徴としたデザインを有しています。バウハウス建造物の完全直線性と比較すると、そのしなやかな外観はさらに際立ちます。しかし、Ferrari California T は、その美しさだけではなく、革新と優れた適応能力との組み合わせによって、忘れ難い体験と凄まじいパフォーマンスをドライバーに提供するのです。