「フェラーリ 北海道ラリー 2016」初開催

「フェラーリ 北海道ラリー 2016」初開催

GT & スポーツカー

日本と東南アジアのフェラーリ・オーナーが北海道でドライビングを満喫

日本・北海道発 – 初の試みとなる「フェラーリ 北海道ラリー 2016」が 6月上旬、2週にわたって開催されました。日本各地、そして東南アジア各国(シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ)から30台以上の跳ね馬GTカーおよびフェラーリ・オーナーが一堂に会し、北海道屈指の美しいロケーションを巡りました。

 

「フェラーリ 北海道ラリー 2016」は、極東フェラーリによって主催され、極東エリアのオーナーの皆さまにドライビング・プラットフォームを提供することを目的に、フェラーリの日本での50周年を記念して開催されました。フェラーリは エンツォ・フェラーリ のレーシングへの情熱のもとに誕生しましたが、公道を走るのに最適なGTカーにおいても長い歴史を持っています。本イベントは、リラックスした雰囲気の中でドライビングを満喫するだけではなく、北海道の広大な大地でフェラーリGTカーのパワーを体感し、オーナーシップ・エクスペリエンスをより深めていただくために企画されました。

 

北海道の壮大な景色を感じながらの「フェラーリ 北海道ラリー 2016」は、絶好のドライビングの機会となっただけではなく、日本、シンガポール、マレーシア、タイ、そしてインドネシアから集結したフェラーリオーナーたちが、自身のフェラーリで、共に走る歓びを堪能するツアーとなりました。オーナーの皆様にとっては、フェラーリへの情熱を再確認し、記憶に残る週末となったことでしょう。