栄光のフェラーリ:Pebble Beach

栄光のフェラーリ:Pebble Beach

GT & スポーツカー

250 LM Coupé、1,760万ドルでセールス

8月17日、米国・ベブルビーチ発 今年で65回目を迎えたペブルビーチ・コンクール・デレガンスは、朝方の濃い霧と肌寒い気温で名高い海岸線エリアにしては珍しく夜明けから澄み切った青空が広がり、気温は30℃近くまで上がるという素晴らしい1日となりました:フェラーリ・グランド・ツーリング部門;フェラーリ・コンペティション部門;フェラーリ・ベブルビーチ・ロードレース部門;そしてフェラーリ・プリザベーション部門をはじめとして、今年の名誉あるブランドのために設けられた4つのスペシャル・クラスに出場した40台以上のフェラーリを含めて、コンクールの芝生の上に並んだコンペティター・フィールドは実に壮観でした。そして最後に「ベスト・イン・ショー・オナーズ」賞が、この壮大なイベントにふさわしい華麗なクラッシック・モデル、1924年製 Isotta Frashini Tipo 8A に贈られました。

毎年のことですが、過去と現代のフェラーリ・モデルがぺブルビーチ・リンクスのファースト・ティーでお客様の注目の的となりました。ここのステージには、ユニークなテーラーメイド・カラー「Rosso Ferrari 53」を纏った Ferrari California T が展示され、その隣にはArgento Nurburgring と Giallo Modena カラーの F12berlinett と今年のモントレー・カーウィークのスター、488 GTB が並びました。また、隣のステージには、モデル名が示すとおり、デザイナーのセルジオ・ピニンファリーナに捧げられた極少数限定生産モデル、Sergioと、昨年度の最優秀賞を受賞した 1954年製 375 MM Scaglietti Coupe が展示されました。

 

一方オークションでは、マラネッロの珠玉の名車の価格は上昇の一途をたどっています。これまでに、5台のうち3台のフェラーリ・モデルが、フェラーリ史上で最高額を記録しました。最も高い金額で取引された車輌は、1964年製 Ferrari 250 LM Coupeで、RMサザビーズのセールで1,760万米ドルで落札されました。オークションは、ラスト・スパートに入り、フェラーリ・モデルは、まだまだ予想をはるかに上回るプライスで取引される気配が濃厚です。