フェラーリ:石巻市の子供たちへ

フェラーリ:石巻市の子供たちへ

会社

放課後児童クラブで新たな支援プロジェクトが始動

7月13日、日本・石巻市発

フェラーリ・ジャパンは、ワールドライブラリー社の協力を得て、石巻市内における全41校の放課後児童クラブで、絵本のレンタルサービスを開始しました。毎月一回、日本未発売の上質な海外の絵本を厳選・翻訳して、対象となる6歳から12歳の子供たちのもとに届け、同時に回収も行います。
このプロジェクトは、2011年から2012年にかけて、フェラーリ・オーナーおよびフェラーリ・ジャパン主催のオークションなどで集められた寄付金の一部によって運営されます。

今回この絵本レンタルサービス導入を記念して、2012年10月、東日本大震災復興サポートの一環として、寄付金をもとに再建した石巻市立開北小学校と石巻市立万石浦小学校の2つの「石巻市放課後児童クラブ」に200名以上の子供たちを招いて「世界の絵本レンタルサービスの提供を記念するセレモニー」を実施しました。

 

セレモニーには、石巻市の亀山紘市長をはじめ、フェラーリ・ジャパン代表取締役社長 リノ・デパオリ、フェラーリ・クラブ・オブ・ジャパンの柴野義弘会長、フェラーリ・オーナーズクラブ・ジャパンの川崎徳来会長が出席しました。

この日のために放課後児童クラブの前に展示した Ferrari California T を間近で眺め、交代でドライバーシートに座る機会を得た子供たちは、最高の笑顔を輝かせていました。