Ferrari Southeast Asia Grand Tour 2015

Ferrari Southeast Asia  Grand Tour 2015

GT & スポーツカー

Highlights

 

Day 4 – Last day filled with passion and friendship

Singapore, May 31 – Today marks the final day of the Ferrari Southeast Asia (FSEA) Grand Tour 2015. The convoy left the Shangri-La Hotel Kuala Lumpur this morning while a crowd of Ferraristi and onlookers lined the streets to bid farewell. Everyone excitedly took photos and videos of each Ferrari exiting the hotel. During the drive back along the North-South highway, the participants took short refueling breaks and rested at the Sungei Besi and Pagoh rest areas.

The Ferrari owners arrived at Fullerton Bay Hotel Singapore after half a day of driving under bright blue skies. Tens of Ferraris of different models lined up along the hotel’s driveway and once again caught the attention of Singaporean onlookers who rushed to take photos in front of the Prancing Horse cars against the backdrop of the famous Marina Bay Sands.

 

As evening fell, the participants gathered for a gala dinner at one of Singapore’s iconic restaurants, the Clifford Pier at the Fullerton Bay Hotel, to mark the closure of the whole event. The Ferrari owners from Singapore, Indonesia and Malaysia have become closer friends and vowed to organize more drives together in this region to strengthen the already solid ties that exist among them. The experience of driving together through Malaysia and Singapore is yet another milestone event that enhances their shared passion for Ferrari.

Day 3 – Experiencing the Excitement of Driving on Malaysia’s Highlands

Kuala Lumpur, May 30 – Day 3 of the Ferrari Southeast Asia Grand Tour 2015 got underway today. After the previous day’s action on the track, the participants were excited to drive their Prancing Horse cars through the mountainous roads of one of Malaysia’s famous highlands: Bukit Tinggi.

After a morning briefing session, the participants began their journey along the highway from Kuala Lumpur and had the chance to test their driving skills maneuvering their Ferraris through the winding uphill roads, all the while feasting with their eyes on a carpet of green tropical forest. The effort of mastering this challenging road was rewarded by the beautiful scenery that greeted them as they arrived at Bukit Tinggi, located 2,500 feet above sea level on 80 acres of natural forestland. Colmar Castle, a building inspired by 16th century French architecture, became the highlight of the trip. The participants smiled as they posed for photos with their Prancing Horse racers parked in front of the graceful and beautiful building.

 

After lunch, the participants drove their Ferraris through the main town on their way back to the Shangri-La Hotel in Kuala Lumpur and this generated a lot of excitement with the visitors of the resort town.

In the evening, the Ferrari owners were joined by participants from Thailand and the Philippines, who flew in especially for the event, at a beautiful restaurant set against the backdrop of Kuala Lumpur’s most desirable skyline, the majestic Twin Towers soaring into the sky. A special charity auction was also organized to raise funds in support of children with special needs, through the Special Olympics organization. During dinner, the competitors who recorded the 3 fastest lap times during the “Time Attack” session at Sepang International Circuit yesterday were also announced. The winner with the fastest lap time was Kenneth Teh from Malaysia, followed by Abu Bakar Fikri, also from Malaysia, and Gregory Teo from Singapore. Congratulations to the top three finishers!

This was surely a most fitting end to a day of enjoyable driving through winding mountainous roads set against beautiful scenery which certainly left a memory to be cherished by the participants in the first Ferrari Southeast Asia Grand Tour 2015.

Day 2 – Rising to the challenge at Sepang Circuit

セパン・サーキットに挑戦:Day 2

5月29日、マレーシア・セパン発 「Ferrari Southeast Asia Grand Tour 2015」2日目の今日は、セパン・インターナショナル・サーキットを舞台に、シンガポール、インドネシア、そしてマレーシアからの参加者の方々に刺激的ないくつかのサーキット・アクティビティが実施されました。

 

夜明けととに、再びクアラルンプールのシャングリラホテルを出発した一行は、一路サーキットへ向かいました。サーキット・イベントは、セパン国際サーキットを約100台のフェラーリが走行する「名誉の1ラップ」オーナーズ・パレードで開幕しました。パレードの後、フェラーリ・オーナーの方々は、各国のお客様まら高い評価を受けているコルソ・ピロタ・プログラム(お客様ご自身のドライビング・テクニックおよびスキルの向上と、ご自身の車輌のポテンシャルを最大限に引き出すことを可能とするプログラム)を受講されました。

プロのドライバーにより支援されている「Pilota Around the World」は、イタリア本国のオフィシャル・コルソピロタ・コースのエントリーポイントです。サーキットでは、他にも興味深いアクティビティが実施されました。

3つの近隣諸国から来たフェラーリ・オーナーの方々は、解放されたサーキット・アクティビティによって、プロフェッショナル・レーサーのようなドライビングでプランシング・ホース(跳ね馬)の走りを愉しみました。

セパン・サーキットのすべてのコーナーの攻略に課題を抱えているオーナーの方には、フェラーリのGT3ドライバーによる同乗走行、「ホット・ラップ」が実施されました。イベント2日目は、すべてのツアー参加者にご用したシャングリラホテル・シャンパレス(香宮)でのディナーで幕を閉じました。今回、F1サーキットを周回するという貴重な経験をシェアした参加者の皆様は、とても満足されたようでした。

Ferrari Southeast Asia Grand Tour 2015 Day 1 - The Tour Starts from Singapore

ツアー、スタート:Day 1 – Singapore

5月28日 本日、「Ferrari Southeast Asia Grand Tour 2015 」がシンガポールからスタートしました。今朝夜明けに、インドネシアとシンガポールのフェラーリ・オーナー総勢約60名が、それぞれの国から出発し、シンガポール-マレーシア間の国境を越えてマレーシアのオーナと合流しました。抜けるような青空の下、彼らは南北高速道路をニライに向けて北上しました。総延長300km以上というこの高速道路を連なって走るプランシング・ホース(跳ね馬)艦隊の壮観な眺めは、エンスージアストおよび他のドライバーの注目を集めました。

 

「FSEA Grand Tour」一行は、一旦ランチ休憩のためにニライに立ち寄った後は、クアランプールのシャングリラ・ホテル目指して進み続けました。ホテル到着後、彼らの愛車が旅の疲れを癒している間、ドライバー達は、ペトロナス・ツインタワーをバックに、クアラルンプールの夜景を一望できる絶好のスポットで夜を愉しみました。

明日、シンガポール、インドネシア、マレーシアから終結した「FSEA Grand Tour」のメンバーは、セパン・インターナショナルサーキットで実施するコルソ・ピロタでドライビング・スキルを磨き、いくつかご用意したサーキット・アクティビティに参加します。

国境を越えて情熱をひとつに

5月27日、シンガポール発

来る2015年5月28日から6月1日にかけて、フェラーリ・オーナーのコミュニティが、シンガポール – マレーシア間のクロスカントリー・ツアーを開催します。「Ferrari Southeast Asia Grand Tour 2015(FSEA Grand Tour 2015)」と名付けられたこのツアーには、シンガポール、インドネシア、マレーシアのフェラーリ・オーナーの方々が、約100台の様々な年代のプランシング・ホース(跳ね馬)車輌で参加して親睦を深める予定です。

ツアーに参加するメンバーは、シンガポールの象徴であるオーキッド・ロード、マリーナベイ・サンズ、そしてマレーシアを代表する一大高原リゾート、ゲンティン・ハイランドやベルジャヤ・ヒルズなどの観光スポットに立ち寄るほか、チャレンジングなルートでのフェラーリのパフォーマンス・エクスペリエンスをお愉しみいただく予定です。

もう1つのハイライトは、この3月に、セバスチャン・ベッテルがSF15-Tのステアリングを握り、フェラーリ・ドライバーとして初優勝を飾ったF1世界選手権マレーシアGPの開催地、セパン国際サーキットでの「トラック・デー」です。参加される方々には、コルソ・ピロタ・プログラム専属コーチによるドライビング・トレーニングの機会が用意されています。フェラーリ・オーナーズクラブのメンバーは、この 5,542 kmのサーキットをプロフェッショナル・レース・ドライバーのように走行し、ドライビング・スキルを磨いていただけます。

Ferrari California T
また、他のオーナーズグラブ・イベントと同様、今回のツアーにもチャリティー活動の要素が含まれています。参加メンバーは、スペシャル・オリンピックスを通じて、特別支援を必要とする子供たちをサポートします。

このエキサイティングなツアーは、シンガポールのザ・フラートン・ベイ・ホテルの象徴であるクリフォード・ピアでの「FSEA ラリー・フィナーレ祝賀ディナー」で閉幕する予定です。ドライビングへの情熱を結集し、友好関係を深めたシンガポール、インドネシア、マレーシアのフェラーリ・オーナーの方々は、きっと次回の愛と情熱のプランシング・ホース(跳ね馬)車輌の集いの開催を望まれることでしょう。