フィナーリ・モンディアーリ

フィナーリ・モンディアーリ

GT & スポーツカー

フェラーリ・チャレンジ・コッパ・シェル: マッシミリアーノ・ビアンキ、世界タイトル獲得

12月6日、アラブ首長国連邦・アブダビ発 – マッシミリアーノ・ビアンキ氏が新たにフェラーリ・チャレンジ・コッパ・シェルの世界チャンピオンとなりました。ローマ出身、ケッセル・レーシングのビアンキ氏は、ポール・ポジションからトップに立ち、40分の間、一度もトップを譲らず最終戦を制すという、最高のレースでシーズンを終えました。ビアンキ氏は、計算上ではすでに木曜日の段階で、フェラーリ・チャレンジ欧州コッパ・シェルのタイトル獲得を決めていました。14秒差で2位入賞を果たしたのは、ドイツ人ドライバーのトマス・ロフラード氏(StileF スクアードラ・コルセ)でした。一方、3位争いは熾烈で、ドイツ人ドライバーのデレク・アダムスキ氏 (サッジョ・レーシング・チーム) と北米コッパ・シェル・チャレンジ・チャンピオンのクリス・ルード氏による激しいバトルが繰り広げられました。結局、最後はアダムスキ氏がスピンを喫し、ビバリーヒルズ・チームのルード氏が3位表彰台を獲得しました。

マニラのチーム・アウトストラーダ・モトーレからエントリーするヴィセンテ・フロイエンド氏で、フェラーリ・チャレンジ・アジア・パシフィック・ドライバー最上位となる4位、これにインドネシア人ドライバーのDavid Tjiptobiantoro氏(Surya Sejahtera Otomotif Indonesia)が続きました。