フィナーリ・モンディアーリ

フィナーリ・モンディアーリ

GT & スポーツカー

フェラーリ・チャレンジ北米&APAC: ペレス、ブランカルディ、ハナが連勝!

12月5日、アラブ首長国連邦・アブダビ発 

ヤス・マリーナ・サーキットを舞台に、ダブルヘッダーで開催されたフェラーリ・チャレンジ、アジア・パシフィックおよび北米選手権レースは、本日無事終了しました。北米の「トロフェオ・ピレリ」シリーズ・チャンピオンは、メキシコのリカルド・ペレス氏が獲得、ヘンリック・ヘッドマン氏とマルク・ムッツォ氏に大差をつけての勝利でした。

また、昨日の「コッパ・シェル 」では、カナダのロバート・ハーハバク氏が、今年のチャンピオン候補、クリス・ルード氏とアメリカのダレン・クリスタル氏を抑えて初優勝を飾っています。

アジア・パシフィック・シリーズの勝利者は、「トロフェオ・ピレリPro」(プロフェッショナル)がマックス・ブランカルディ氏、「トロフェオ・ピレリ Am」(アマチュア)が フィリップ・プレッテ氏、そして「コッパ・シェル 」は地元のヒーロー、タリ・ハナ氏でした。レースは、ブランカルディ氏がオープニング・ラップから首位に立ち、プレッテ氏がこれに続く展開となり、序盤から3位以下とのギャップを大きく広げた両者は、最後までアジア・シリーズ・ドライバーたちの追随を許しませんでした。プレッテ氏に続いたのはオーストラリアのスティーブ・ワイヤット氏とイタリアのアンジェロ・ネグロ氏でした。「コッパ・シェル 」の勝者は、上記のとおり、タリ・ハナ氏で、2位にフィリピンのヴィセンテ・フロイエンド氏、オーストラリアのポール・ヴァン・ロエンハウト氏がこれに続きました。