フィナーリ・モンディアーリ

フィナーリ・モンディアーリ

GT & スポーツカー

フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ: 王座はブランカルディとペレス

12月6日、アラブ首長国連邦・アブダビ発 – フェラーリ・チャレンジ・トロフェロ・ピレリにおいて、チーム・フェラーリ・オブ・ヒューストンのマックス・ブランカルディ氏とリカルド・ペレス氏が、「Pro」(プロフェッショナル)、「Am」(アマチュア)両カテゴリーの新チャンピオンとなりました。ブランカルディ氏はイタリア人ドライバーですが、実はモナコのライセンスでエントリーしています。決勝ではレースをリードしていたフィリップ・バロン氏(チーム・ロッソコルサ) のリタイアに助けられ、トップに立ち、チェッカーを受けました。2位は、5番手スタートからポジション・アップしたダニエーレ・ディ・アマート氏 (モーター・ピアツェンツァ)が3位のダリオ・カソ氏 (ロッソコルサ – ペラン・レーシング)を抜くのに手間取ってしまい、優勝争いに絡むことは出来ずに2位。この欧州シリーズに参戦する世界チャンピオン・タイトルホルダーは、偉大なる復活を狙いましたが、絶好調でワールド・ファイナルに臨んだブランカルディ氏には届きませんでした。ブランカルディ氏は、アブダビで、1日1勝という快挙を成し遂げました。

絶好調なのは、北米チャレンジ・シリーズを制し、「ピレリAm」カテゴリーにおける世界チャンピオンを決するレースを制したリカルド・ペレス氏も同様でした。メキシコ人ドライバーのペレス氏は、アジア・パシフィック選手権チャンピオンのフィリップ・プレッテ氏 (アウト・イタリア香港)と、欧州選手権チャンピオンのエゼキオ・ペレス・コンパンク氏(モーター・ピアツェンツァ) を抑えてフィニッシュし、レーシング・テクニックのスキルの高さを強く印象付けました。