フィナーリ・モンディアーリ

フィナーリ・モンディアーリ

GT & スポーツカー

「フェラーリ・ワールド」にフェラーリ・ドライバーが集い、授賞

12月6日、アラブ首長国連邦・アブダビ発  – 昨夜、プランシングホース初のテーマパーク、「フェラーリ・ワールド」で盛大なパーティーが催され、世界各国のモータースポーツでフェラーリの栄誉に貢献したドライバーに様々な賞が贈られました。この日はスクーデリア・フェラーリ・ドライバーとしてF1グランプリ出場70戦という記録を達成させたキミ・ライコネンもゲストとして招待され、祝福されました。マネージング・ディレクターのアメデオ・フェリーサとバイス・プレジデントのピエロ・フェラーリから賞を受け取ったライコネンは、「フェラーリ・ファミリーの一員であることを光栄に思っています。私の唯一の世界タイトルは、フェラーリ・ドライバーとして、たいへん厳しいシーズンを戦った末に獲得したものです。モータースポーツを真に愛するフェラーリと、それを支えているティフォッシに感謝します」とコメントしました。また、先頃フェラーリ・ドライバー10周年を迎えたマルク・ジェネも表彰されました。テスト・ドライバーとして、そしてお客様のドライビング講師として、これから先も彼には重要な役割を果たしてもらう予定です。

Finali Mondiali - The Ferrari drivers are rewarded at Ferrari World

チャレンジ。 その後は欧州、北米、アジア・パシフィックの3つの選手権で構成されているフェラーリ・チャレンジのスタードライバーが表彰されました。いよいよこの週末、壮麗なヤス・マリーナ・サーキットを舞台に、世界チャンピオンが決定する、シリーズ最終戦が開催が予定されています。欧州選手権をリードするのはダニエーレ・ディ・アマート氏、エゼキオ・ペレス・コンパンク氏、そしてマッシミリアーノ・ビアンキ氏。北米選手権をリードするのはリカルド・ペレス氏とクリス・ルード氏の2名です。アジア・パシフィック選手権では、マックス・ブランカルディ氏とフィリップ・プレッテ氏、そしてDavid Tjiptobiantoro氏の3名がシリーズ上位につけています。

GT選手権。 もちろんGT選手権を戦うドライバー達にも賞が贈られました。ELMS(欧州ル・マン・シリーズ)チャンピオンに輝いたアンドレア・ベルトニーニとル・マン24時間レースで優勝したジャンカルロ・フィジケラをはじめ、ジミ・ブルーニとトニ・ヴィランデルもAF コルセ・チームの458 Italiaとともに壇上に上がり、賞を受賞しました。ちょうどカタールのドーハで世界耐久選手権レースが開催されていたため、2名のWECチャンピオン・ドライバーは、ビデオ・メッセージでの参加となりましたが、彼らは本日到着する予定で、欧州以外の国で初開催となるワールド・ファイナルズ・イン・アブダビの最後を飾る、パレード・ランに彼らのレースカーで参加します。