フィナーリ・モンディアーリ – NASCARスター、ラスティー・ウォーレスがチャレンジレースに参戦

フィナーリ・モンディアーリ – NASCARスター、ラスティー・ウォーレスがチャレンジレースに参戦

GT & スポーツカー

11月20日、マラネッロ発 フェラーリは、NASCAR とともに有名なデイトナ・トラックで素晴らしいショーを実施します。12月1-4日の期間、世界で名高い米国・フロリダのトライ・オーバルがフェラーリのシーズン最後の舞台となります。13台のフォーミュラ 1 カー、36台のXXプログラム車輌、そして6回のワンメイク・レースを戦う87台の 458 Challenge EVO など、約150台のプランシング・ホース(跳ね馬)車輌が集結します。

NASCAR スター 1999年の NASCARスプリントカップで全米のモ―タースポーツファンを熱狂させ、特にデイトナ・トラックで数々の功績を残したチャンピオン、ラスティー・ウォーレス氏が特別ゲストとして参加します。ウォーレス氏は今回、フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリの北米シリーズにフェラーリヒューストンチームから参戦します。このトロフェオ・ピレリは、北米のワンメイク・レースの最高峰クラスで、参戦するスキルの高いレーサー達からの果敢な挑戦を受けて立つ予定です。

情熱的なプログラム 米国・デイトナに足を運ばれたお客様は4日間、パドックだけではなく、有名な傾斜角31度のバンク・カーブで繰り広げられるショーを存分にお楽しみ頂けます。中でも注目のアトラクションは、デイトナのオーバルコースを歴史上初めて走行するフォーミュラ1でしょう。最初にトラックに出るのは、F1 クリエンティ車輌です。また、日曜日には、スクーデリア・フェラーリのオフィシャル・ドライバー、セバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンの2人もチーム代表のマウリツィオ・アリヴァべーネと、その他のスクーデリア・ドライバー達とともにイベントに出席します。トラックでは、XXプログラム車輌および出力1,000 馬力オーバーを誇る FXX K に加えて、1990年代中盤、フェラーリがプロトタイプ・カテゴリーの勝利に向けて創造し、1967年の圧勝から31年後の1998年にデイトナ24時間レースで伝説的な勝利を飾ったバルケッタ、 F333 SP が9台、印象的な走りを披露します。

パドック & ファンゾーン パドックでは、先日のパリモーターショーにて発表された GTC4Lusso T および LaFerrari Aperta などがディスプレイされます。また、ファンゾーンでは、488 GTE 、そして GT3 に加えてフェラーリ70周年を記念した特別なカラーリングの車輌が展示されます。さらに土曜日には、ワンメイク・レースの25シーズン目にデビューする予定の新型ターボ・チャレンジ車輌、 488 Challenge をお披露目します。この記念すべき日は、米国のトラックで実施予定の、史上最大のフェラーリ・パレードで幕を下ろします。