Ferrari 488 Spider : ジャパン・プレミアを
開催

Ferrari 488 Spider : ジャパン・プレミアを<br/>開催

GT & スポーツカー

フェラーリのドロップトップ・モデル史上、最もパワフルな8気筒、横浜にて初披露

10月23日、日本・横浜発 9月に開催されたフランクフルト国際モーターショーで発表されたFerrari 488 Spiderが、東京にて日本初披露されました。会場となった横浜の港沿いのエクスクルーシブなロケーションには、300人近いフェラーリのVIPゲストが詰めかけ、熱い視線を注ぎました。

 

ジャパン・プレミアの会場となった横浜みなとみらいの岸壁はフェラーリの世界観一色に変貌を遂げ、ゲスト達は期待感を抱きながら会場を訪れました。スタイリッシュな音楽とダンスパフォーマンスの中、新色ブルー・コルサ(BluCorsa)のFerrari 488 Spiderは一晩中注目を浴び続けました。

 

フェラーリ極東エリア統括 マネージング・ディレクターである、ディーター・クネヒテルは、「この最新のV8エンジンを搭載したニューモデルを大切なゲストの皆様に発表でき、大変嬉しく思っています。Ferrari 488 Spiderは最もパワフルな8気筒モデルです。このモデルは日本の跳ね馬の歴史に新たなページを刻むこととなります。」とコメントしました。

Ferrari 488 Spider は、マラネッロのオープントップ V8 スポーツカーの歴史に新たな一歩を刻むモデルです。フェラーリのSpider アーキテクチャー開発は、遡れば、不朽の名作である308GTSのタルガバージョンによってもたらされました。会場には、308GTSを初めとした、過去40年のオープントップを代表する車輌が展示されました。