キアヌ・リーブス:フェラーリは夢

キアヌ・リーブス:フェラーリは夢

会社

映画スター、マラネッロ訪問

6月5日、イタリア・マラネッロ発 

フィオラーノ、組立てライン、テーラー・メイド・アトリエ、クラシケ部門、新GESビルディング……。キアヌ・リーブス氏は、フェラーリの1日スペシャル・ゲストとしてマラネッロを訪れた時に、これら全ての施設を見たいと主張しました。『マトリックス』や『スピード』、『ハートブルー』、『リトル・ブッダ』といった一流映画に出演した米国のスターは、生粋の、特に様々な二輪プロダクトへのスピードに対する情熱を持っています。しかし、彼はフィオラーノでプランシング・ホース(跳ね馬)の最新車輌、Ferrari 488 GTBに試乗した時、かなりのドライビング技術があることも証明しました。「ステアリングを握ってすぐに、信じられないほどのシナジーを感じさせる車輌です」と彼は明言しました。「自分仕立てにオーダーメイドされ、まるで身体と心が車輌とひとつになったようです。間違いなく、フェラーリは夢のように素晴らしい……。」

 

リーブス氏は、新しい機械加工エリアでしばし時を過ごし、そこでエンジン製造工程に魅了されていました。また、テーラー・メイド・アトリエでは、パーソナライゼーションで利用可能な素材の無限に広がる量と、驚くような品質に感動していました。その後、立ち寄った8気筒の製造ラインでは、スタッフと一緒に快くポーズをとり写真を撮影しました。

 



午後の第2部で、クラシケ部門を訪問した際は、レストアが終わったばかりの Ferrari 500 Mondial と、有名なインディ500マイルレース参戦車輌として1950年代に製造されたワンオフ・シングルシーターの 2 台に心を奪われていました。

「ここでは歴史的モデルに対する価値観の継承方法を心から感じることができます。これらの車輌は、何代にもわたって慎重に保存されるにふさわしいヘリテイジ・モデルです。素晴らしい記録保管所に1台1台のモデルの設計図と構想を保管するというこのシステムの下で行われているこの作業そのものがヘリテイジです」と思いを語りました。

さらにその後、リーブス氏は、アトリエに展示されたLaFerrariとF1クリエンティのシングル・シーター、特に彼が大ファンであるミハエル・シューマッハがドライブした車輌をじっくりと鑑賞した後、ハリウッド・スターの素晴らしい1日にふさわしい締めくくりとして、California T をテストドライブしました。