ライコネン& F12berlinetta

ライコネン& F12berlinetta

GT & スポーツカー

11月13日、イタリア・マラネッロ発

世界最速の男と車輌が、フィオラーノ・サーキットで共演

フィオラーノ・サーキットにおいて、「F12berlinetta トラック・デイ」が特別開催され、世界有数のの自動車専門・出版各社から、11名のジャーナリストが参加しました。当日、参加メンバーは、フェラーリのエンジニアとチームのテストドライバーのサポートを受けて、彼等自身と車輌の限界に挑戦する数マイルのタイムアタック・エクスぺリエンスの機会を得ました。グループは、ミッド・フロントV12が絞り出す740馬力という出力とスポーティーな車輌を華麗かつ自然にバランスさせる2つの方法をレクチャーされました。

 

 

さらに、ウェット・コースでのテストも許可された参加者は、マネッティーノの設定をいろいろと変えて、変化するグリップレベルでのドライビング・パフォーマンスを試していました。

また、すべてのダイナミック・コントロールをオフにして、スクーデリア・フェラーリ・ドライバー、キミ・ライコネンによる特別なインストラクションも実施されました。

その後ジャーナリストの方々は、ワールド・チャンピオン、ライコネンがドライブする、その巨大なパワーが賞賛されたF12berlinetta に同乗し、チャンピオンさながらフィオラーノのドライビング・スリルを愉しみました。ジャーナリストの方々の報告によると、ただ単にプランシング・ホース(跳ね馬)レンジ最速の車輌でサーキット体験をしたのではなく、それが心から楽しめたということでした。この忘れられない体験は、パッセンジャーの表情をとらえたオンボード・ビデオ映像でお愉しみいただけます。