ライコネン in ヘルシンキ

ライコネン in ヘルシンキ

GT & スポーツカー

氷と雨の北東へ

12月9日、フィンランド・ヘルシンキ発 

今年の長いフォーミュラー1シーズン最後の戦いを終えて、クリスマス・フェスティバルのためにチームとともにマラネッロへ戻る前に、キミ・ライコネンは、スクーデリア・フェラーリの長年のパートナーであるシェル主催のイベントに参加するため、母国フィンランド・ヘルシンキ郊外のプレミアパーク・サーキットに立ち寄りました。

この日ライコネンは、同国の報道関係者をはじめ、ゲストおよびファンの方々との歓談だけではなく、Ferrari FF に数名のゲストを乗せて、氷上コースを数ラップ周回しました。プランシング・ホース(跳ね馬)のF1ワールドチャンピオン・リストの最後に名を連ねるドライバーと同乗できた一握りの幸運な方々はもちろんですが、ライコネンの華麗なドライビングは、とてもエキサイティングでした。

Ferrari-FF-Kimi-in-Helsinki-North-East-Passage

イベント終了後、「あいにくの天候になってしまいましたが、心から楽しめました」と、ライコネンはコメントしました。「たとえ雨で滑りやすいコンディションであっても、FF のドライビングは本当に刺激的で楽しいです」