レディ・コーネリアのLaFerrari

レディ・コーネリアのLaFerrari

GT & スポーツカー

芸術家と、彼女の心をつかんだクルマとの出会い

2015年1月2日、イタリア・マラネッロ発

コーネリア・ハークマン氏は、長年にわたってスイスを拠点として活動されてきたオーストリア生まれの画家であり、彫刻家です。彼女の素晴らしく豊かな絵画の多くは、緑と花に彩られた豪華な景観です。しかしながら、彼女には、フェラーリへの2つ目とも言える大きな情熱がありました。彼女の心をつかんだこの魅力は、スイスの実業家でフェラーリ・コレクターの代表的な存在であった、彼女の亡き夫、ウォルター・ハークマン氏との出会いによって生まれたものです。 残念なことに彼は、わずか1年ほど前、彼の妻への贈り物としてオーダーした素晴らしいロッソ・コルサ・カラーの LaFerrari が納車される前に亡くなってしまいました。

 


今回、フェラーリ・オフィシャルマガジン のインタビューでコーネリア氏は、彼女の芸術だけでなく、そのスピードとプランシング・ホース(跳ね馬)のシンボルへの愛を語っています。もちろん、彼女の LaFerrari についても。「これは、まさに芸術作品。ただ見つめているだけで、私は時を忘れてしまいます…」

この動画では、写真撮影をしながらのインタビューの風景を紹介します。