マンマ・ミーア!ベッテル、 FXX K をドライブ

マンマ・ミーア!ベッテル、 FXX K をドライブ

GT & スポーツカー


ベッテルの新型ラボ・カー試乗記

2月13日、イタリア・マラネッロ発 

ひとつ確かなことは、セバスチャン・ベッテルがフィオラーノ・サーキットでFXX Kのステアリングを握り、大いに楽しんだということです。この動画に収録された彼の顔と喜びの声(「マンマ・ミーア!ロケットのように走るよ!」)がそれを物語っています。
ベッテルは、オフィシャル・フェラーリマガジン最新号に掲載する写真撮影のために FXX K をドライブしました。4度の世界チャンピオンに輝いたベッテルは、ご存知のように今季のフォーミュラ 1 世界選手権では SF15-T に乗ります。

この最新ラボラトリー・カーの開発に携わったエンジニアのマルコ・ファイネロ、そしてテストドライバーのラファエッレ・デ・シモーネと歓談した後、FXX K 初ドライブにも関わらず、くつろいだ様子でコース・インするとすぐに、FXX Kの卓越したパフォーマンスを限界まで引き出しました。一度ブレーキ冷却のため、スロー走行した後、再びフルスロットルでワンラップ・アタックを敢行しました。ベッテルは最後に、「同車の1,000CV オーバー体験は、想像以上に素晴らしく、心が満たされました」と一言。この日の詳しい報告は、フェラーリマガジン最新号をご覧ください。ですが、それまで待てない!という方のためにご用意した動画を、まずはお愉しみください……。