北海道初のフェラーリ正規ディーラー「MID Sapporo」札幌にグランドオープン

北海道初のフェラーリ正規ディーラー「MID Sapporo」札幌にグランドオープン

会社

北海道初のフェラーリ正規ディーラー

ショールームとサービスセンターが統合された施設の誕生

9月26日、東京発 フェラーリ・ジャパン株式会社(代表取締役:リノ・デパオリ、所在地:東京都港区六本木)は、株式会社北海道ブブ(代表取締役:相川政二、所在地:北海道札幌市東区東苗穂)との間にフェラーリ正規ディーラー契約を結び、MID Sapporo(エムアイディサッポロ)は9月25日(日)に、フェラーリ・ジャパン正規ディーラーとしてグランド・オープンいたしました。

この契約により、フェラーリの正規ディーラー・ネットワークは全13店舗、12都市に広がりました。正規ディーラーは9店舗(北海道、東京、横浜、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡)、正規サービスセンターは4店舗(仙台、長野、金沢、静岡)になります。

MID Sapporo は、待ち望まれていた北海道で初めてのフェラーリ・ジャパン正規ディーラーとなります。札幌市は、日本最北の政令指定都市であり、人口192万人の全国でも4番目に人口の多い10の行政区を持つ東北・北海道エリア最大の都市です。MID Sapporoはその札幌市の東に位置し、北海道を縦貫する道央自動車道と札幌市内を通る札樽自動車道に隣接した立地であり、道内各地からの交通アクセスが非常に良く利便性に優れた立地です。

 


フェラーリの最新コーポレートイメージを採用した新車ショールームは、フロア専有面積400㎡の広さを誇り、4台展示可能なメインスペースのほか、美しいレセプションエリア、ゆったりくつろげるラウンジスペースをご用意し、お客様にフェラーリ・ブランドと洗練されたイタリアンスタイルをご提供します。フェラーリ・パーソナライゼーションプログラム用のコンフィギュレーションエリアでは、お客様のさまざまなご要望に合わせたオーダーが可能となっています。

近接して誕生したフロア専有面積250㎡のサービスセンターには、フェラーリ専用のワークショップ、ワークベイが4基配置されています。最新設備によりお客様のフェラーリを最高の状態に保ち、安心したサービスをご提供いたします。

オープニング・セレモニーにて、フェラーリ・ジャパン 代表取締役社長 リノ・デパオリは、「ここ北海道で、MID Sapporoのオープニングを迎えられたことを大変嬉しく思います。私たちは、日本におけるフェラーリ・ブランドの存在感を強め、また高まる日本のお客様のニーズに応えるとともに、常に最高のプロダクトとディーラー・エクスペリエンスを提供するべく、今後もサービス拡充に向けた取り組みを強化、継続していきます」と述べました。