250 GT SWB の新たな人生

250 GT SWB の新たな人生

GT & スポーツカー

14カ月におよぶレストア完了

12月2日、マラネッロ発 

14カ月にもおよぶこだわりの作業 – これは、フェラーリ・クラシケ部門が「250 GT SWB BerlinettaCompetizione」のエンジンをはじめ、ボディワーク、サスペンション、ランニングギア までを新車に匹敵する状態にレストアに要した時間です。車輌は、2014年3月にマラネッロの門をくぐり、同年夏に作業が開始されました。レストアが完了し、待ち焦がれていたオーナーの元にこの車輌が戻ったのはつい先週の事でした。

 

有名ドライバーの手から手へ
現在残されている、いくつかの書類によると、同車輌の最初のオーナーは GT および フォーミュラ 1 レースで活躍したドリノ・セラフィーニ氏でした。彼は、1950年のイタリアGPでスクーデリア・フェラーリのドライバーとして表彰台に上がっています。
しかし、彼はスプリント・レースを除いて、滅多にこの特別な車輌でレースに出場しませんでした。1964年、この「250 GT SWB」は、フランス人のレネ・リチャード氏が次のオーナーになりました。しかし、残念な事に彼はこの車輌をクラッシュさせてしまい、素晴らしいメカニックとしても有名だったベルギー人ドライバーのルシアン・ビアンキ氏に販売しました。この修理の際に、車輌はディープ・ブルーカラーのエクステリアに黒のインテリアとなりました。その後直ぐに、ビアンキ氏は、GT および フォーミュラ1 レースで確かな経験を持つジャック・ポレット氏に車輌を譲りました。この時、カラーリングは再び変更され、今回と同じ、グレーとなりました。

 

最後のモディファイ
その後、1984年にこの車輌はオークションに出品され、ベルギーのコレクターの手に渡りました。1992年、このオーナーは、モータースポーツ黎明期にベルギーのナショナルカラーとされた黄色に敬意を表して、ボディをイエローに塗り替えました。マラネッロのフェラーリ・クラシケに到着した時、車輌はそのイエローでした。しかし先週、レストアが完了してお披露目されたこの車輌は、全くの新色、ピニンファリーナ・グレイをまとっていました。フェラーリに並々ならぬ情熱を燃やすコレクターである現在のオーナーは、1960年代後半、フェラーリのボディカラーとして人気を博したこのカラーを選択したのです。また、インテリアはブラウンで仕上げられています。