スペシャルな「California T」in ブリュッセル

スペシャルな「California T」in ブリュッセル

GT & スポーツカー

ベルギーのモーターショーでユニークなテーラーメイド車輌を発表

1月12日、ベルギー・ブリュッセル発

フェラーリは「2016年ブリュッセル・モーターショー」にて、最新のエクスクルーシブなテーラーメイド・プログラムで仕立てたユニークな「California T」を発表しました。この他に類を見ない車輌は、”ジミ”・ブルーニ、アレッサンドロ・ピエル・グイディ、プジン・ラトゥーラス、ステファン・レメレット等がステアリングを握り2015年スパ・フランコルシャン24時間レースのプロ・アマカップ・クラス優勝を飾った Ferrari 458 GT3 に敬意を表して仕上げられたものです。

 

昨年のモーターショーにおいて、3 社あるベルギーのフェラーリ正規ディーラーのひとつ、フランコルシャン・モーターズの協力のもと発表した「F12berlinetta Tour de France 64」が国際的な成功を収めたことを受けて、同ディーラーとファクトリーのテーラーメイド・プログラムは再びタッグを組んで今回のユニークな車輌の発表の運びとなりました。この「California T」スポーツは、レース受賞歴のある 458 GT3 と同じレッド、ブルー、ホワイトのレーシングストライプを配したロッソ・コルサ・カラーでペイントされています。また、マット・アルジェント・ニュルブルクリンク・カラーのホイール・エッジのイエローとドアハンドル上のイエローの矢印を特徴としています。

 

ステアリングホイールを含むインテリアもまた、458 GT3 を想起させるレーシングカー由来のアルカンターラおよびマット・ブラックのカーボンファイバー・トリムで仕上げられています。 トランク・ライニングをはじめ、カーペットおよびフロアマットは、3D表面仕上げを施したスーパーファブリックと呼ばれる丈夫な防弾素材ブラック・テクニカル・マティリアルを採用する一方、フット・スペースは、ブラック・アルミニウム仕上げとしました。アルカンターラ・トリムのシートは、ホールド性の極めて高いファブリック・インサートを採用しています。