ブレシアで終了:2015 edition

ブレシアで終了:2015 edition

GT & スポーツカー

5月18日、イタリア・マラネッロ発

 

昨日、「Ferrari Tribute to Mille Miglia」の最終ステージが終了しました。早朝にパルマを発ったプランシング・ホース(跳ね馬)一行は、ジュゼッペ・ヴェルディ の故郷、ブッセートへ向かいました。その後、1950年代にフェラーリが活躍した有名なトロフェオ・スーペルコルテマッジョーレ (Trofeo Supercortemaggiore)の舞台、コルテマッジョーレの街に立ち寄りました。

 

しかし、今回のイベントのハイライトとなったのは、長年フォーミュラ 1 イタリアGPの開催地として、またシルバーストン(英国)、ル・マン(フランス)、モナコ(モナコ公国市街地)、インディアナポリス(米国)、スパ・フランコルシャン(ベルギー)と並ぶ世界最高峰のサーキットの1つとして有名なモンツァ・サーキット(Autodromo di Monza)でのスポーツ・ランでした。
今回は特別に、フォーミュラ1 GPコースとして1961年まで使用されていた伝説のすり鉢状のバンク・オーバル、「パラボリカ」を走行しました。

 

この歴史あるモンツァ国立公園の緑の森に包まれたサーキットを離れた後、フェラーリ一行は、宝石をちりばめたような街、ベルガモに立ち寄り、キァーリを駆け抜け、最終目的地のブレシアに到着しました。

Mille Miglia 2015

Ferrari Tribute To Mille Miglia: 4日目

The red caravan en route to Brescia

Parma, 17 May – The fleet of Prancing Horse cars involved in the Ferrari Tribute to Mille Miglia roared off at daybreak this morning bound for Brescia and the conclusion of the regularity trial. However, before they reach the Lombardy city they will be passing through some areas, towns and cities that will live long in the memory of all the participants.

 

Soon after leaving Parma, the cars called to Busseto to pay homage to one of the town’s most illustrious sons, composer Giuseppe Verdi. Thy are now en route to Piacenza but also pass through Cortemaggiore, where Ferrari won many victories in the famous Supercortemaggiore.
Ultimately, however, the Ferraris past and present are also expected at Monza where they will complete a symbolic lap of the circuit that most powerfully epitomises Italian motorsport: the old high-speed oval combined with the present-day track of just under six kilometres are one of the parts of the Tribute to Mille Miglia most eagerly awaited by all the participants.

 

Yesterday’s Ferrari Tribute stage ended in Parma having started in Rome. The Vallelunga Circuit, Radicofani, Pienza and Montalcino are just a few of the locations it took in. The Ferrari fleet also drove into Tuscany where it visited Siena, San Giminiano, Pontedera, Pisa and Lucca, before scaling the Apennine roads to Emilia. En route to Parma, they also did a quick call “home”, parading through Maranello before arriving in the Ducal city.

MilleMiglia - Day 3

From Rome to Parma via Maranello

Rome, 16 May – Today brought a dawn start for the Ferrari Tribute to Mille Miglia with the cars leaving Rome where they arrived yesterday at the end of a 485-kilometre stage.

 

The Prancing Horse fleet finally drove into the capital city in the evening having come all the way from Riccione. In the course of the day, they followed a spectacular route across the Apennines that took in Senigallia and Macerata, and then stopped off at Ascoli Piceno, before going on to Teramo, Rieti and, lastly, Rome and the timeless beauty of the Castel Sant’Angelo.
Today is the longest stage in the Tribute: a 603-kilometre dash through three regions: Lazio, Tuscany and Emilia Romagna. The route spans a host of marvellous locations not least Viterbo, Radicofani, Buonconvento, Siena, Pisa and Lucca. The cars will even parade through Maranello, Ferrari’s hometown, before going on to the finish-line in Parma.

 

The final Parma-Brescia stage comes tomorrow with another stop-off at that legendary temple of speed, the Monza Circuit.

Mille Miglia 2015

ロマニョーラ・リヴィエラを発ち、首都へ

5月15日、イタリア・リッチョーネ発

昨夕、フェラーリの一行は無事リッチョーネの街に到着し、「2015 Ferrari Tribute to Mille Miglia」初日のステージの幕が下りました。60名のプランシング・ホース(跳ね馬)のクルーおよび車輌によるパレードは、アドリア海に面したリビエラの空一面をフェラーリに相応しいレッドに染め上げる巨大な花火で、街中の人々から大歓迎を受けました。

 

歴史的な耐久レースのルートを辿るこのフェラーリ・イベントは、昨日の朝にデゼンツァーノ・デル・ガルダの街からオフィシャル・スタートし、目的地のリッチョーネに到着する前に、シルミオーネ、ヴェローナ、フェッラーラ、ラヴェンナ、サンマリーノと続く魅力的な街や荘重な歴史的都市を巡りました。365GTB、Enzo、California T、LaFerrari といった珠玉の名車を含むフェラーリ艦隊は、立ち寄ったすべての街で、過去から現在まで続くフェラーリの情熱によって結ばれた多くのエンスージアストの暖かい応援を受けました

 

本日の最新モデルと伝統的なモデルによるパレードは、ロマーニャから途中マルケ州アスコリ・ピチェーノに立ち寄り、「永遠の都」、ローマのサンタンジェロ城を目指します。

Mille Miglia

60台の名車による4日間レース

5月14日、イタリア・デゼンツァーノ・デル・ガルダ発

本日、ガルダ湖の静かな夜はスポーツカーの陽気なエンジン・サウンドによって明けました。2015年の「Ferrari Tribute to mille Miglia (フェラーリ・トリビュート- ミッレ・ミリア)」がデゼンツァーノの街からオフィシャル・スタートしました。
エンツォ・フェラーリ自身が「世界で最も美しいレース」と語るほど愛していたレース、ミッレ・ミリアの今年のトリビュートは、最新モデルから1950年代後半までに製造されたモデルまで、60人のクルーがドライブする様々なフェラーリの参加がありました。このクルー全員がローマまでの往復を競う、伝統の1,600 kmレースに臨みます。コースには、日曜の朝にブレシアの街でゴールする前に、イタリアで最も景観の美しいルートが用意されています。

 

歴史的な自動車レースの精神を反映するため、今回のイベントにエントリーしたすべてのフェラーリは、車輌の種類と年式によってカテゴリーに分けられた専用ルールに則って競い、最終的な順位が決定されます。

今日のゴールは、リッチョーネの街で、夕刻に到着する予定です。すべてのプランシング・ホース・エンスージアストの方々にとって見逃すことのできないこのイベントの模様は、ウェブサイトwww.Ferrari.comおよびフェラーリのソーシャル・ネットワークを通じて、画像および動画にて、日々最新情報を配信します。お楽しみに!