X

 

G

UEST

REGISTRATION

 

 

 

 

 
アカウントを作成

 

O

WNER

REGISTRATION

 

 
Do you own or did you order a Ferrari?
Register and gain access to the Owners' section, where you will find all the services dedicated you.
今すぐ登録

 

O

WNER

REGISTRATION

 

 
Do you own or did you order a Ferrari?
Register and gain access to the Owners' section, where you will find all the services dedicated you.
今すぐ登録
 

Ferrari J50、ワールドプレミア

Ferrari J50、ワールドプレミア

GT & スポーツカー

12月13日、日本・東京発 本日、フェラーリは、国立新美術館で開催されたフェラーリ日本進出50周年記念式典において、新しい極少数限定シリーズのビスポーク・モデル、J50を発表しました。

フェラーリ・イン・ジャパン 50 周年記念特別限定モデル「Ferrari J50」は、1970 年代から 80 年代に人気を博したフェラーリ・ロードカーを想起させるタルガボディ・スタイルの復活を強調する 2 シーター、ミッド・リアエンジン・ロードスターです。マラネッロのフェラーリ・スタイリングセンター・チームによって設計された J50 は、フェラーリ伝統の精神、「フォーリ・セリエ」が今に蘇る、わずか 10 台の限定モデルで、1 台 1 台お客様のリクエストに合わせてテーラー・メイドで仕上げられます。

488 Spiderをベースに設計されたJ50は、今年のインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーで総合優勝に輝いた3.9 リットル V8 エンジンの出力 690cv 特別バージョンを搭載します。

 

完全新設計のボディワークは、革新的なスタイリングを最大限に追求するお客様の嗜好に合った、極めて個性的かつ未来的なデザイン手法を取り入れたデザインとなりました。フェラーリの本質である俊敏性と軽快さを融合させるというデザインアプローチを牽引したのは、極めて低いフォルムのロードスターを創造したいという情熱でした。フェラーリはこれを 2 本のキャラクターラインが収束するアクセント・デザインによって実現させました。ウインドスクリーン上端から後方に向かって下降するサイドウィンドウのカットラインと、低く抑えられたノーズから大胆に立ち上がり、ドア後方のエアインテークへと溶け込む黒いスウェッジライン。この 2 本のラインの相互作用によって、ボディ側面のダイナミズムが強調されました。

「ヘルメットバイザー」効果を生むウインドウ・グラフィックは、1950 年代まで遡るフェラーリのオープンコンペティション・バルケッタを思い起こさせます。また、ブラックの分割ラインは、GTO、F40、F50 でも採用されている、おなじみのフェラーリ・スタイリング手法を新解釈したものです。フロントでは膝下の高さで上下に分けるこの一本の線は、ベルトライン位置を通常よりもはるかに低く設定したような印象を与え、これが J50 をバルケッタへと昇華させるキーポイントとなっています。

ボンネット・セクションは、中央部をより低くし、ホイールアーチの盛り上がりを強調することでフェラーリ・ミッドシップ・スポーツカーならではの力感を際立たせます。フロントボンネットの 2 つのカーボンファイバー・エアチャンネルにより、フロントの印象はコンパクトかつシャープになり、ダイナミックなプロファイルのフルLED のヘッドライトが存在感を際立たせます。

J50 は、いくつかの重要な機能的ソリューションによって、エアロダイナミクスを徹底的に追求しました。まず、2 基のラジエターは接近して搭載され、フロントバンパーのデザインも見直されています。ウインドスクリーン上部のフレームは低くなり、エアロフォイル、さらにはリアスポイラーへの気流の増加に貢献しています。

洗練されたテール・セクションは、グラフィックデザインテーマと3D 要素の巧妙な調和によってデザインされました。エンジンカバーは透明ポリカーボネート製で、ドライバーとパッセンジャーの頭部を保護する2 つのセパレートタイプのロールフープへと視覚的に延長させるために左右が隆起した複雑なフォルムとなりました。その上のロールフープをつなぐブリッジとして装備したエアロフォイルは、1960 年代のフェラーリのスポーツプロトタイプ・モデルの最も特徴的な機能とフォルムを見事に再現しています。

リアは、当然のごとくアグレッシブです。高ダウンフォースウイング・プロファイル下のクワッド(4 灯式)テールライトデザインが、ボディのワイド感を強調します。また、リア・ディフューザーは、ジェットエンジンのアフターバーナーからヒントを得たエクストラクターシェイプを採用、車輌のパワフルなイメージを際立たせます。ユニークなデザインの20 インチ鍛造アルミホイールは、この限定モデル専用に設計されました。

キャビンではリアのエンジンフードのアウトライン・デザインを採用した特別なトリムのスポーツシートが、特別仕立てであることを強調します。また、カーボンファイバー製の硬質タルガトップは、シート後方に収納可能な二分割式です。

東京での発表会で展示される J50 は、スペシャル仕様の 3 レイヤー・レッド塗装のボディ、インテリアは、ブラックをベースにレッドを配したファインレザーおよびアルカンターラ仕上げとなっています。