概要

8気筒モデルの歴史の新たな一歩

フェラーリ初のミッドシップV8モデルとして誕生した308 GTB から40年、プランシング・ホース(跳ね馬)は、8気筒モデルの歴史の新たな一歩を踏み出しました。

488 GTB。このモデル名は、ヒストリック・フェラーリの命名法に立ち返り、ネーミングされました。つまり、「488」は、搭載するエンジンの1気筒あたりの排気量であり、「GTB」は、Gran Turismo Berlinettaの頭文字です。この新型車輌は、かつてないほどの高い性能を実現しただけでなく、サーキット経験のない一般的なドライバーであっても、アグレッシブなまでのエンジン出力を余すことなく活用し、高いレベルのドライビング・コントロールを可能としました。

Ferrari 488 GTB
フォトギャラリー

続き
 

卓越したエンジンおよび洗練されたエアロダイナミクス、そしてさらに磨きをかけたビークル・ダイナミック・コントロールの組み合わせによって、切れ味鋭い応答性を極限まで突き詰め、ロードカーでありながら、レーシング・カーに匹敵する応答性を実現させました。


最高出力(670CV)のエンジン・レスポンスタイム(0.8秒)、車輌のレスポンスタイム(0.06秒)によって、個性を際立たせた488 GTBは、ドライビング・スキルに関係なく、ステアリングを握ったすべての方に、格別なドライビング・プレジャーを提供します。

この性能の達成に、フェラーリは、モーターレーシングの2つの柱である「F1」および「GTレース」双方の経験を惜しみなく注ぎ込みました。GTレースでは、458がWECのタイトルを保持し、ル・マン24時間レースでは2クラスで優勝を果たしています。また、新型モデルは、フェラーリ・エンジニアが10年間、ジェントルマン・テストドライバーに向けたサーキット専用モデルの開発に取り組み蓄積してきた「XXプログラム」のノウハウも最大限に活用しています。

主な
受賞歴

受賞歴
価格15万ユーロ以...

Sport Auto

受賞歴
英国ベスト・ドラ...

Autocar誌アワード

デザイン

究極のスポーツ性 と快適性

フェラーリ・スタイリング・センターによる新型488 GTBのデザインの特徴は、彫刻的なサイドビューです。目を引く大型エア・インテイクの造形は、初代308 GTBに敬意を表したもので、スプリッターによって上下に分割されています。

FERRARI 488 GTB のキャビン

主要点を捜し求め

Ferrari 488 GTBのキャビンは、乗り手の快適性を犠牲にすることなく、極限のスポーティー感を演出するようデザインされています。このため、コックピットがドライバーのニーズに沿って特別に注文されたかのように、ステアリング・ホイールにまとめられていない操作系はサテライトポッドに配置され、ドライバーの真正面を向くようにポッドには角度が付いています。

新たに軽量化された横方向がコンパクトになったダッシュボードには、軍用ジェット機のエアインテークからヒントを得た、きわめてスポーティーなエアベントがあります。

FERRARI 488 GTB のキャビン

この新デザインによって、革新的かつクリーンで機能的なフォルムと空間を見事に調和させました。明確に分割されたダッシュボードおよびトンネル、多機能ステアリングホイール、トンネルに設置したコントロール・ブリッジなどは、典型的なフェラーリの特徴を強調するとともに、機能的なスペースづくりを重視しながら、厳選した美しい素材とハンドクラフトによって、エレガントかつスポーティーに仕上げられています。

フェラーリの特徴のひとつ、縦マウントのF1ブリッジは、操作ボタンの人間工学的に最適なポジションへの配置を実現させると同時に、小さなアイテムのための十分な収納スペースを設けることにも貢献しています。この収納スペースの確保には細心の注意が払われ、設計されています。

FERRARI 488 GTB のキャビン

488のGTBの新ドアパネルは、快適性を追求した人間工学に基づくアームレストを備えます。そのデザインはクリーンかつスポーティーで操作スイッチ類はすべて簡単に手が届くポジションに配置されています。 固定式ヘッドレストの新シートの開発にも、多大な時間が費やされ、より軽く、より優れたホールド性を備えつつ、快適性も向上しています。

488GTBには、様々な機能はすべてが手の届くところに配置するというコクピットフィロソフィーによる新スポーツ・インフォテイメント・システムを搭載しています。

フェラーリ初の新キーが488 GTBに採用されました。

そのフォルムは、同車が搭載するV8エンジンのインテーク・プレナムからヒントを得たもので、キーレス・スタートを備えています。

Ferrari 488 GTB のボディ

フォルムがパフォーマンスを生む

フェラーリ・スタイリング・センターによる新型488 GTBのデザインの特徴は、彫刻的なサイドビューです。目を引く大型エア・インテイクの造形は、初代308 GTBに敬意を表したもので、スプリッターによって上下に分割されています。フロントは2基のラジエターに冷却空気を取り込む、デュアル・グリル開口部が特徴的です。さらにエアロダイナミクス効率の観点から、ダブル・フロント・スポイラーも装備。F1シングルシーター譲りのディテールを備えます。中央にある2本のパイロンは、デフレクターとの組み合わせによって、気流をフラット・アンダーボディに導きます。

ボンネットは一段高い中央部と深く彫り込まれた2つのサイド・ダクトの彫刻的な造形が目を引きます。

Ferrari 488 GTB のボディ

このダクトは、車輌のルックスをスポーティーに見せると同時に、バンパー内の2つのベントからの気流(ラジエターの冷却空気)を効率よく排出するという2つの機能を果たします。また、サイド・ダクトの造形は、巧みに計算したラインによって、フロントの視界からは隠されるようデザインされています。

リア・エリアで目を引くのは、車輌のエアロダイナミクス効率向上に貢献するブロウン・スポイラーと大きなエアベントです。また、新エグゾースト・テールパイプは、搭載位置を変更してディフューザーに必要な高さを確保しました。これら機能の総合的な結果として、パワーとパフォーマンスが際立つデザインとなりました。新カラー、「ロッソコルサ・メタリザート」は、ユニークなエレガンスと新型モデルにふさわしい雰囲気、そして極めてスポーティーな個性を強調することを目的に開発されました。

Ferrari 488 GTB のボディ

近くで斜めから見ると確認できますが、数百万の微粒子が浮遊する塗料による3層塗装で仕上げられており、これによって想像の域を超えた深い色彩と光沢を備えたカラーリングを実現しました。

イノベーション

パワートレイン

この3,902ccのパワーユニットは、プランシング・ホース史上最高の動力性能を備えたエンジンとなりました。ターボラグを実質ゼロとし、独特の魅力的なサウンドも備えています。

続き

8,000rpmで最高出力670CVを発生、1リットルあたりの出力172CVと、フェラーリのプロダクトモデルにおける性能の記録を更新しました。7速ギアで発生する最大トルクは760Nm、スロットル・レスポンスタイムは3速2,000rpmで0.8秒を実現しました。この結果、488 GTBは、0-100km/h加速タイムがジャスト3秒、0-200km/hは、わずか8.3秒という俊足を誇ります。

この素晴らしい動力性能数値は、あらゆる面において最大限の効率を達成することを最重要視した結果です。燃焼の面で注力したのは、ハイタンブル・インテイク・ポートです。燃焼室内の流量係数とスワールモーションの最適化を図ることを目的に特別な形状を採用、その結果、高回転域であっても均質な吸気が可能となりました。これに加えて200バール圧力のダイレクト・インジェクションも採用しています


さらに、新型V8エンジンは、イオン化電流を計測した上で点火のタイミングを制御し、アダプティブに失火を予測するイオン・センサーシステムおよびマルチスパーク機能を備えています。

メカニカル効率の最適化には、高圧、低圧どちらでもオイルを送ることができるオイルポンプが貢献しています。通常のオイルポンプと比較して、必要な油圧力を30%も低減させました。 シリンダーヘッドはローラーフィンガーフォロアー式となり、バルブステムとタペットの抵抗を抑えることで、低回転時のバルブトレーンでの機械損失を10%低減しています。また、クランクシャフトの構造をフラットプレーンとしたしたことでコンパクトになり、その結果、回転マスを抑え、流体力学的にも優れたものとなりました。

搭載するターボ・チャージャーは、ボールベアリングを備えたシャフトにマウントして摩擦を低減しています。また、コンプレッサー・ホイールは、TiAl(低比重チタン・アルミ合金)製で、低慣性化を図り、最大限のスプールアップ速度を保証します。加えて、ツインスクロール・テクノロジーの採用によって、排気ガスは、各シリンダーから独立したスクロールを経由し、エグゾースト・パルスの効率を向上させることで最大限の出力獲得を可能としました。

V8エンジンのサウンドは、高回転域で明瞭かつ音量を増すと同時に出力も向上します。キャビン内のサウンドで重要なのは、等長ロングパイプを装着するエグゾースト・ヘッドおよびフラットプレーン・クランクシャフトです。さらにサウンド・トラックは、あらゆるエンジン回転域における倍音周波数および音質を徹底的に研究し、改善・向上を図りました。

エアロダイナミクス

記録的な効率、究極のパフォーマンス。 数々のコンポーネントが、パワートレインの優れた応答時間に寄与しています。

続き

数々のコンポーネントが、パワートレインの優れた応答時間に寄与しています。空気抵抗を増大させることなくダウンフォースを増加させるというプランシング・ホース(跳ね馬)のレース経験で得たエアロダイナミック・ソリューションによって、フェラーリ・ロードモデル最高の効率数値は1.67を達成しました。空気抵抗を低減させながら、ダウンフォースは前モデル比で50%ダウンフォースを向上させています。

フロント・エリアで存在感を際立たせる中央のエアロピラーとF1マシンを想起させるダブル・スポイラーは、ラジエターの冷却効率とダウンフォースの生成効率を向上させます。

また、488 GTBには革新的なアエロダイナミック・アンダーボディが採用されました。これには、ボーテックス・ジェネレーターと気流の速度を高めることによって負圧を発生させる特殊な曲面構成のエアロダイナミクス・デバイスが装備されています。これらの装備によって、負圧が発生するとサクション効果によって、アンダーボディは地面に「吸引」され、空気抵抗を増大させることなく、強力なダウンフォースが得られます。これらは、速度250km/hで325kgに達するトータル・ダウンフォース数値に大きく貢献しています。

巨大なリア・ディフューザーにはカーブ・フェンスが備わり、車体下部に導いた大量の空気の最適な排出・拡散を促します。また、CPUで制御する、他のビークル・コントロール・システムと統合した可変フラップが装備されており、状況にあわせてダウンフォース量の増加(フラップ・クローズ)とドラッグの低減(フラップ・オープン)を調整します。

フェラーリが特許を取得したブロウン・スポイラーは、488 GTBで新たに導入したソリューションです。空気はリアスクリーンの基部にあるエア・インテイクに入り、バンパーを経由して排出されます。このデバイスによって、ダウンフォース増加が保証され、リア・スポイラーの高さを上げる必要がなくなりました。結果として、このエリアのドラッグは低減しました。車体両脇にあるベースブリード・エアインテイクは、中央のフラップで二分割されています。

フラップ上部の気流は、エンジン吸気に使われますが、一部の気流は偏向してテールから排出され、車体直後の低圧域に発生する乱流によるドラッグを抑えます。一方、フラップ下部エリアで取り込んだ空気はインタークーラーに流れ、吸気を冷却させます。

ビークルダイナミクス

いかなるコンディションでも、目の覚めるようなパフォーマンスと純粋な歓びでドライバーの心を満たす:世界中のサーキットで蓄積した比類なきビークルダイナミクスに関する知識の結晶

続き

488 GTBの究極なパワーを、走行条件に関係なくドライビング・プレジャーへと変えるため、フェラーリは世界各国のサーキットでのレースおよびテスト車輌を通じて培われたビークル・ダイナミクス・エクスペリエンスを活用しました。
サブシステムと電子制御は、最大限の実用性とアクセルへの応答性、それにサーキット専用車輌と肩を並べるほど優れたレスポンスタイム(0.06秒)の総合的なコントロールを目的に開発されました。

トランスミッションでは、専用のギアレシオを採用して並外れたエンジン・トルクを余すことなく活用することを可能にしています。

バリアブル・トルク・マネジメントは、トランスミッションを経由するトルク量を増加させて加速を最適化し、ドライバーに果てしないパワーフィールを与えます。このソリューションによって488 GTBは、サーキット専用車輌に匹敵するギアシフトをロード・モデルで実現させました。1速での静止状態から4速ギアでリミッターが作動するまで要する時間はわずか6秒です。


フェラーリ独自のシステムで、今回バージョンアップしたサイドスリップ・アングル・コントロール・システム2(SSC2)

フェラーリ独自のシステムで、今回バージョンアップしたサイドスリップ・アングル・コントロール・システム2(SSC2)は、正確さを増した上に、介入感をさらに低減させました。また、パラメータの解析もさらに細分化しました。これらの機能によって、コーナー脱出時の加速度を12%向上させました(マネッティーノの設定をRaceとCT Offにした場合に作動)。F1-TracおよびE-Diffと統合したSSC2は、今回アクティブ・ダンパーも制御するようになり、複雑な条件下の走行においても車輌の動的特性をよりフラットで安定したものにします。

488 GTBの優れたビークル・ダイナミクスには、SCM3磁性流体ダンパー・システムも貢献しています。これは、ECUを高速化してダンパー内の磁界を変えます。さらに、フェラーリが特許を持つソフトウェアも車体に設置した3カ所のセンサーを利用する新型を搭載しています。ダンパーは、摩擦を低下させるとともに、より効率的な制御が可能になった新ピストンロッドを装備、優れた車体制御と衝撃吸収力を体感していただけます。 最新のESPにより、グリップの低い状況でのABSの介入もさらに効率的になりました。

新たに採用したブレンボ・エキストリーム・デザインのブレーキ・システムによって、488 GTBの制動距離は、これまでのモデルよりも9% 短縮されました。 LaFerrariから転用したこの新型ブレーキは、キャリパーも新型を採用し、過酷なドライビング状況でも最適な冷却を保証します。さらに、素材も見直され、最適な動作温度に素早く到達、耐久性も増しました。

主要諸元

V8パワートレイン

フェラーリDNAが息づく

最高出力

492 KW

8000 rpm

加速

3.0

0-100km/h (0 – 62 MPH)

比出力

172

cv/リットル

形式 V8 - 90°ターボ ドライサンプ
総排気量 3.902 cm3
ボア & ストローク 86,5 x 83 mm (3.4 x 3.3 in)
最高出力* 492 kW (670 CV) at 8000 rpm
最大トルク* 760 Nm at 3000 rpm in VII gear
比出力 172 cv/l
圧縮比 9.4:1
全長 4568 mm (179.8 in)
全幅 1952 mm (76.9 in)
全高 1213 mm (47.8 in)
ホイールベース 2650 mm (104.3 in)
フロント・トレッド 1679 mm (66.1 in)
リア・トレッド 1647 mm (64.8 in)
空車重量** 1475 Kg
乾燥重量** 1370 Kg
重量配分 41.5% フロント:58.5% リア
トランク容量 230 リットル
燃料タンク容量 78 リットル
フロント 245/35 ZR20 J9.0
リア 305/30 ZR 20 J11.0
フロント 15.7 x 8.8 x 1.4 in
リア 14.2 x 9.2 x 1.3 in
7 速F1 デュアルクラッチ・トランスミッション
E-Diff3、F1-Trac、高性能ABS(Ferrari Pre-Fill装備)、FrS SCM-E、SSC
最高速度 330 km/h 以上
0-100 km/h 3,0 秒
0-200 km/h 8,3 秒
0-400m 10,45 秒
0-1000m 18, 7 秒
パワー・ウエイトレシオ 2,04 kg/cv
11.4 リットル/100 km
* オクタン価98(RON)燃料にて
** オプション装備の場合
*** HELE システム搭載による複合サイクル(ECE+EUDC)

マルチメディア