GTレーシング

真の
レーシング・スピリット

マラネッロ・ブランドのコンペティションの真髄、フェラーリ・アッティヴィタ・スポルティーヴェ GTでは、2種類のGTレース車輌を管理・運営しています。少なくともそのひとつは、国内外で開催される約30のFIA選手権に参戦しています。また3つのエリアで展開しているワンメイク・シリーズ、さらに「F1クリエンティ」および「XXプログラム」といった2つのエクスクルーシブな活動も実施しています。

コンペティツィオーニ GT

488 GTE
and GT3

いつの時代もGTレースは、フェラーリDNAの重要なパートです。2016年は、488 GTEと488 GT3、2つの新型モデルがレースデビューを果たしました。ターボエンジンを搭載するこれらのモデルは、最も過酷な耐久レースと国内外の権威あるGTシリーズ参戦に向けて設計されました。488 GTEは、参戦初年度にFIA世界耐久選手権のマニュファクチャラーズ世界耐久カップ(GTクラス)を手にしました。また、488 GT3 は、30以上のレースで勝利を飾ったほか、米国 IMSAシリーズのチームタイトル(GTDクラス)を獲得しました。

コルセ・クリエンティ

488 Challenge
ターボ 670 hp

488 Challengeは、チャレンジ車輌初のターボチャージャーを搭載した最もパワフルなモデルです。488 Challengeに搭載される出力670cv の 3.9リットル V8エンジンは、2016年「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」を受賞した488 シリーズのプロダクションエンジンをベースに開発されました。

コルセ・クリエンティ

FXX K 1050 hp
at 9250 RPM

FXX-K は、フェラーリの ラボラトリー・カーをベースに、R&Dプログラムによって開発されたマラネッロ初のハイブリッド車輌です。車名の「K」は、サーキットでのパフォーマンスを最大化させる事を目的として搭載したエネルギー回生システム「KERS」に由来します。

コルセ・クリエンティ オン・ザ・ウェブ

つながっていよう

世界のレースで活躍するフェラーリのニュース、動画、画像。フェラーリの車輌、チーム、ドライバー等のインフォメーション。

ウェブサイトへ