X

 

G

UEST

REGISTRATION

 

 

 

 

 
アカウントを作成

 

O

WNER

REGISTRATION

 

 
Do you own or did you order a Ferrari?
Register and gain access to the Owners' section, where you will find all the services dedicated you.
今すぐ登録

 

O

WNER

REGISTRATION

 

 
Do you own or did you order a Ferrari?
Register and gain access to the Owners' section, where you will find all the services dedicated you.
今すぐ登録
 

過去の車種

60年を超える歴史の中の メモラブル・モデル

125Sから最新モデルまでのすべてのプロダクションモデルをはじめ、単座フォーミュラーやスポーツプロトタイプなど、すべてのモデルをご覧いただけます。

フェラーリ・クラシケ部門

レストレーションと鑑定書

「フェラーリ・クラシケ」はクラッシック・フェラーリのオーナーに対するレストア、メンテナンスサービス、技術的なアシスト、そして鑑定書を発行する目的で2006年7月に社長であるルカ・ディ・モンテゼーモロの方針で設立されました。

マラネロの敷地内にあるかつての鋳造パーツ製造工場に設置されたクラシケのオフィスとワークショップは、広さ950平方メートルを誇る広大な敷地内にあります。


クラシケ
レストレーション

爆音も高らかに、フェラーリ初のGTがマラネロのファクトリーを後にしたのが1948年。以来60年余の歳月を経ましたが、幸せなことに製造されたフェラーリの大半が現存しています。

製造当時そのままの完璧なコンディションを保ち、スリリングな操縦を心おきなく楽しみたい。これは、オーナーにとってはごく自然な願いでしょう。

フェラーリのように精巧なモデルのメインテナンスは、特別な技術を要する難易度の高い作業です。したがって、通常の修理工場の手に負えるものではありません。自動車の最高傑作という“遺産”を護るため、第一級のレストアサービスをフェラーリ自らが買って出たのはそうした背景があったからです。

Read more

フェラーリを構成するパーツは、圧倒的な高性能を目的に一切の妥協を排して設計、製作されたものばかり。

これまで作られたフェラーリのコンポーネントはひとつの例外もなく、詳細な情報がフェラーリの膨大なアーカイブに保管されているのです。


1台ごとのアッセンブリーシートも、1947年にさかのぼる設計図も1枚残らず保管されています。そういった資料に基づき、フェラーリ・クラシケのエキスパートはフェラーリ工場内の鋳物製造施設や、かつてオリジナルパーツを作った工作機械そのものを使って、オリジナルスペックと寸分違わぬ新品パーツを作ることができるのです。

オリジナルとは違うパーツが見つかっても、当時の工作機械を使ってオリジナルスペック通りのパーツを製作し、オリジナルコンディションにレストアすることが可能です。

フェラーリ・クラシケが提供するレストアとメインテナンスでは、オリジナルコンポーネントを用いること、必要とあらば製作することをモットーにしています。こうすることでヒストリックフェラーリのオーナーは新車当時の輝きを完璧に取り戻すことができるのです。

鑑定書 &
公式認証

60年以上もの間、フェラーリは常に世界中のクラッシックカーコレクターが憧れ求め続けるブランドであり続けています。フェラーリ・クラシケの主たる業務のひとつに、製造から20年以上経過したロードカーと、F1マシンを含むあらゆる年代のレースカーに対する鑑定書の発行があります。

この鑑定書はクルマの出自が明確であるとメーカーが公式に認証する書類であり、認証された車両が売りに出された場合、買い手にとっては重要な書類となります。

Read more

また、鑑定書にはもうひとつの役割があります。この書類があれば、ヨーロッパと北米で開催されているシェル・ヒストリックチャレンジなど、フェラーリ公認のレースに参加することができるのです。

鑑定書の発行には、当該車両をマラネロ本社のフェラーリ・クラシケ部門か、世界各地の認定ディーラーに持ち込み、入念な審査を受ける必要があります。


フェラーリの有する膨大なアーカイブを駆使し、フェラーリの副社長ピエロ・フェラーリが議長を務める鑑定団「COCER」と呼ばれるエキスパートグループが、当該車両の技術的特徴などを吟味します。

鑑定書発行のプロセスではこの技術的な審査がもっとも重要となります。これにより当該車両のあらゆる部分が完全に機能しているか、シャシー、エンジン、ギアボックス、トランスミッション、サスペンション、ブレーキ、ボディ、内装がオリジナルであるか、あるいはオリジナルスペックに準拠しているかどうかが明らかになるのです。