概要

Ferrari 166 Inter Sport - 1948

1948年

166 Inter Sport

ティーポ166 の2リッターエンジンからは数多くのスポーツレーシングカーとシングルシーターが生まれました。166スポルトはこのふたつのカテゴリーを繋ぐモデル。当時のフェラーリのカタログは、2シーターとシングルシーターのどちらにもコンバート可能で、国際格式のレースに出場できると謳っています。そしてこの事実こそが、インテルという名称の由来となります。レギュレーションに合わせてヘッドライトとサイクルフェンダーが取り外し可能の166インテル スポルトは、レーシングカーのマルチパーパスモデルでした。

主要諸元

V12 エンジン

タイプ フロント縦置き・60度V型12気筒
ボア・ストローク 60 x 58.8 mm
1気筒あたり排気量 166.25 cc
総排気量 1995cc
圧縮比 11 : 1
最高出力 96 kW (130 hp)/6500 rpm
リッターあたり出力 65 hp/ℓ
最大トルク -
バルブ作動システム SOHC 1気筒あたり2バルブ
燃料供給 ウェバー(トリプル)32 DCFキャブレター
点火装置 1気筒あたり1プラグ
潤滑システム ウェットサンプ
クラッチ シングルプレート
フレーム スチール製チューブラーフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、リーフスプリング、油圧ショックアブソーバー
サスペンション 後 ライブアクセル、半楕円スプリング、油圧ショックアブソーバー、アンチロールバー
ブレーキ ドラム
トランスミッション 前進5段+後進1段
ステアリング ウォーム&セクター
タンク容量 75ℓ
タイヤサイズ 前 5.50 x 15
タイヤサイズ 後 5.50 x 15
タイプ 2座スパイダー
全長 -
全幅 -
全高 -
ホイールベース 2420 mm
トレッド 前 1240 mm
トレッド 後 1240 mm
車重 630 kg(乾燥重量)
最高速度 215 km/h
0-100 km/h -
0-400 m -
0-1000 m -