Ferrari 195 Inter - 1950

概要

195 インテル

1950年

195インテルは195Sのツーリングバージョン。166インテルよりパワフルでしたが、超高性能に不慣れな顧客にも操縦しやすいよう、柔軟性に富んだエンジンを搭載していました。トゥリング、ギア、ギア・アイグル(フェラーリに積極的な関心を示した、イタリア国外では最初のコーチビルダー)が多数のバリエーションを製作し、GTレーシングで大きな成功を収めています。もっとも人気が高かったのはヴィニャーレ製で、これはごく限られた裕福な顧客層に向けて製作された、驚くほど美しいパーソナルクーペでした。

フォーカス・オン

195インテルは166インテルの発展型です。ホイールベースを2420mmから2500mmに延ばしてキャビンスペースを拡大した以外は、基本的に同じ鋼管シャシーフレームを踏襲してます。

続き
Ferrari 195 Inter - 1950
Ferrari 195 Inter - 1950

構造

166インテル同様、195インテルは横置きリーフスプリングによるフロント独立サスペンションを特徴としています。リアは半楕円リーフスプリングによるリジッドアクスルで、全輪にフーダイル(Houdaille)社製ダンパーを採用していました。同じ時期に195スポルトもカタログに載っていますが、こちらはコンペティションモデル用の偶数のシャシーナンバーが打刻されています。

ベルリネッタボディの195スポルトがマルツォット/コロサラ組の操縦で、1950年のミッレミリアに優勝しています。これは、セラフィーニ/サラーニ組の駆る195エンジンを搭載したトゥリング製バルケッタを抑えての勝利でした。195インテルのボディを製作したカロッツェリアには、新たにモットとスイス・ギア・アイグルが加わっています。それぞれが1台ずつ195のシャシー用にボディを架装するいっぽう、ファリーナはリストから落ちました。ギアとヴィニャーレのボディが顧客のあいだでもっとも好評だったようで、製作数で他のライバルに大きく水を空けています。

エンジン

このV型12気筒エンジンも、もともと1947年にジョアッキーノ・コロンボが125用に設計したエンジンをベースにしていますが、排気量は166より約25%拡大した2431ccになっています。排気量アップは、ボア径を65mmに広げた結果で、58.8mmのストロークは166のエンジンから変わりません。166インテル同様、195インテルの吸気系はツインチョークキャブレター1基が標準でしたが、3基のツインチョークキャブレターを装着した個体があることも166インテルと同じです。166MMコンペティションモデルのなかには、195スペックのエンジンに換装したクルマも存在します。排気量の大幅拡大によるパワーアップが、サーキットで十分な競争力を保つために必要だったからです。2基のディストリビューターとコイル点火という構成も166インテルと同じで、1気筒あたり1プラグ、潤滑はウェットサンプ方式でした。

195インテルは1950年から51年にかけて25台が製作され、081Sから0195Sまで、ロードカー用の奇数のシャシーナンバーが打刻されています。166インテルのロードカー同様、195インテルもアマチュア、プロ両方のドライバーによって多数のレースに使用されました。

Ferrari 195 Inter - 1950

高精細「195 インテル」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この1950年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

主要諸元

V12  エンジン

タイプ フロント縦置き・60度V型12気筒
ボア・ストローク 65 x 58.8 mm
1気筒あたり排気量 195.08 cc
総排気量 2341 cc
圧縮比 7.5 : 1
最高出力 96 kW (130 hp) at 6000 rpm
リッターあたり出力 56 hp/ℓ
最大トルク -
バルブ作動システム SOHC 1気筒あたり2バルブ
燃料供給 ウェバー36 DCFキャブレター(シングル)
点火装置 1気筒あたり1プラグ、2コイル
潤滑システム ウェットサンプ
クラッチ シングルプレート
フレーム スチール製チューブラーフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、リーフスプリング、油圧式ショックアブソーバー
サスペンション 後 ライブアクセル、半楕円スプリング、油圧式ショックアブソーバー、アンチロールバー
ブレーキ ドラム
トランスミッション 前進5段+後進1段
ステアリング ウォーム&セクター
タンク容量 82ℓ
タイヤサイズ 前 5.90 x 15
タイヤサイズ 後 5.90 x 15
タイプ 2座クーペ
全長 -
全幅 -
全高 -
ホイールベース 2500 mm
トレッド 前 1270 mm
トレッド 後 1250 mm
車重 950 kg(乾燥重量)
最高速度 180 km/h
0-100 km/h -
0-400 m -
0-1000 m -