概要

1962年

196 SP

シーズン開幕前のプレスコンファランスは、1962年も先例にならって2月に開かれました。ここでは一連のミドエンジンスポーツレーシングカーが発表になり、その結果、新しい250 GTベルリネッタ(後に伝説的な250 GTOに発展する)はすっかり影が薄くなってしまいました。この年のプレスコンファランスで展示されたスポーツモデルのひとつが196 SPです。このモデルはディーノ・エンジンではなく、330のV12を半分に切ったエンジンが搭載されていました。事実、ボア・ストロークはまったく同じです。196 SPのフロントにはツインのエアインテークが備わりました。これは、1961年のF1で初めて用いられたエアインテークを応用したものです。

Ferrari 196 SP - 1962

主要諸元

V6 エンジン

タイプ ミドシップ縦置き・ 60度V型6気筒
ボア・ストローク 77 x 71 mm
1気筒あたり排気量 330.62 cc
総排気量 1983cc
圧縮比 9.8 : 1
最高出力 154 kW (210 hp) at 7500 rpm
リッターあたり出力 106 hp/ℓ
最大トルク -
バルブ作動システム SOHC 1気筒あたり2バルブ
燃料供給 ウェバー(トリプル)42 DCNキャブレター
点火装置 1気筒あたり1プラグ
潤滑システム ドライサンプ
クラッチ マルチプレート
フレーム スチール製チューブラーフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
サスペンション 後 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー
ブレーキ ディスク
トランスミッション 前進5段+後進1段
ステアリング ラック&ピニオン
タンク容量 -
タイヤサイズ 前 5.25 x 15
タイヤサイズ 後 6.50 x 15
タイプ 2座スパイダー
全長 4060 mm
全幅 1480 mm
全高 970 mm
ホイールベース 2320 mm
トレッド 前 1200 mm
トレッド 後 1200 mm
車重 600 kg(乾燥重量)
最高速度 240 km/h
0-100 km/h -
0-400 m -
0-1000 m -