概要

1951年

212 Inter

ジョアッキーノ・コロンボが設計したV型12気筒エンジンはボアアップにより排気量が拡大されています。シャシーには160MMの考えを取り入れ、ハイパワーを路面に伝えることを念頭に置いた改良が施されました。後期型では“トゥーボスコッカ”と呼ばれる鋼管シャシーが導入され、剛性が高まっています。

Ferrari 212 Inter

フォーカス・オン

Ferrari 212 Inter - 1951

トゥリングとヴィニャーレ(このシャシーをもっともよく理解したスタイルを創成したカロッツェリア)に加えて、トリノに本拠を置くロッコ・モットと、パドゥアのフォンターナがボディデザインを試みています。

続き

ストーリー

212は1950年から1953年にかけて、インテルとエクスポルトの2モデルが造られました。インテルはロードカーで、いっぽうエクスポルトは紛れもないレースカーでした。

インテルはフェラーリの初期生産モデルのなかではもっとも生産台数が多く、ベルリネッタ、カブリオレ、クーペなど、ボディのバリエーションも多岐にわたりました。

同じカロッツェリアでもスタイルは大幅に異なり、とりわけヴィニャーレではその傾向が著しかったようです。ギア、ギア・アイグル、ピニン・ファリーナ、ファリーナ、トゥリング、ヴィニャーレなどのカロッツェリアがボディ製造を手がけました。なかにはイギリスのコーチビルダー、アボットが造ったいささか不格好なカブリオレなどもありましたが、このボディはずっと以前にトゥリング流のバルケッタに載せ換えられています。

Ferrari 212 Inter - 1951
Ferrari 212 Inter - 1951

シャシー

コンペティションモデルのエクスポルトはホイールベースが2250mmで、偶数のシャシーナンバーが打刻され、数字の最後にEあるいはEDの文字が付きます。いっぽう、ロードカーのインテルはホイールベースが2600mmで、奇数のシャシーナンバーが打刻され、初期型では数字の最後にEL、後期型ではEUの文字が付きます。

ただしこれはあくまで原則論。デザインにしても装備にしてもロードカーにしか見えない個体に偶数のシャシーナンバーが打刻されている例が、今日では複数確認されています。この事実は、当時のフェラーリがレースを戦えるロードカーという二面的な性格を備えていたことを示しています。

なお、この時までフェラーリはレースの伝統を重んじ右ハンドルが標準でした。しかし1952年の中頃より、212インテルでは左ハンドルが標準に変わっています。フェラーリの主な市場では左ハンドルが主流だったので、現実に即した変更を施したのです。

ピニン・ファリーナとの協力態勢

ファリーナによる最後のボディが架装されたモデルは212インテルでした。また、212インテルはこれ以降、永きに亘って続くフェラーリとピニン・ファリーナとの協力態勢が始まったモデルでもあります。フェラーリのシャシーをピニン・ファリーナ流に解釈した最初のボディは、ヴィニャーレあたりの華やかなデザインと比べるとやや保守的なものでした。しかし、この212インテルを起点に、フェラーリはピニン・ファリーナと親密な関係になりました。そしてまとまった数のロードカーを生産するメーカーとして、一貫したブランド・アイデンティティを確立することになります。

Ferrari 212 Inter - 1951
Ferrari 212 Inter - 1951

エンジン

212はコロンボ設計による伝統の60度V型12気筒エンジンを搭載していましたが、今やボア・ストロークは68mm x 58.8mmに拡大され、排気量は2562ccにまで達しています。

先代モデル同様、レース指向のモデルはいくつかの例外を除けば3基のツインチョークキャブレターが標準で、ロードカーではツインチョークキャブレター1基が標準でしたが、3基までキャブレターを増やすことをオプションで選ぶことができました。エンジンも130phpから150phpのものまであり、選ぶことができました。シャシー構造とサスペンションレイアウトは先代の166および195インテルと事実上同一です。

高精細「212 インテル」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この1951年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

主要諸元

V12  エンジン

タイプ フロント縦置き・60度V型12気筒
ボア・ストローク 68 x 58.8 mm
1気筒あたり排気量 213.54 cc
総排気量 2562 cc
圧縮比 7.5 : 1
最高出力 110 kW (150 hp) at 6500 rpm
リッターあたり出力 58 hp/ℓ
最大トルク -
バルブ作動システム SOHC 1気筒あたり2バルブ
燃料供給 ウェバー36 DCFキャブレター(シングル)
点火装置 1気筒あたり1プラグ、2コイル
潤滑システム ウェットサンプ
クラッチ シングルプレート
フレーム スチール製チューブラーフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、リーフスプリング、油圧式ショックアブソーバー
サスペンション 後 ライブアクセル、半楕円スプリング、油圧式ショックアブソーバー、アンチロールバー
ブレーキ ドラム
トランスミッション 前進5段+後進1段
ステアリング ウォーム&セクター
タンク容量 105ℓ
タイヤサイズ 前 6.40 x 15
タイヤサイズ 後 6.40 x 15
タイプ クーペ、カブリオレ、2+2もしくは2シーター
全長 -
全幅 -
全高 -
ホイールベース 2600 mm
トレッド 前 1278 mm
トレッド 後 1250 mm
車重 1000 kg (dry, クーペ)
最高速度 200 km/h
0-100 km/h -
0-400 m -
0-1000 m -