概要

Ferrari 246 SP - 1961

1961年

246 SP

1961年、特別に開かれたプレスコンファランスで246 SPのベールが取られると、一大センセーションが巻き起こりました。フェラーリ初のミドエンジンカーだったのです。メカニカルレイアウトが革新的なら、それを覆うボディも革新的でした。カルロ・キティの指揮の下、風洞実験から生まれましたボディは、非常に低いボンネットラインが特徴でした。この年、246 SPはドライバーにとってもマシンにとっても過酷なピッコレ・マドニエ・サーキットを舞台に繰り広げられたタルガ・フローリオで、オリヴィエ・ジャンドビアンのドライブで初勝利を挙げます。

高精細「246 SP」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この1961年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

主要諸元

V6 エンジン

タイプ ミドシップ縦置き・ 65度V型6気筒
ボア・ストローク 85 x 71 mm
1気筒あたり排気量 402.88 cc
総排気量 2417cc
圧縮比 9.8 : 1
最高出力 199 kW (270 hp) at 8000 rpm
リッターあたり出力 112 hp/ℓ
最大トルク -
バルブ作動システム DOHC1気筒あたり2バルブ
燃料供給 ウェバー(トリプル)42 DCNキャブレター
点火装置 1気筒あたり1プラグ、2コイル
潤滑システム ドライサンプ
クラッチ マルチプレート
フレーム スチール製チューブラーフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
サスペンション 後 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー
ブレーキ ディスク
トランスミッション 前進5段+後進1段
ステアリング ラック&ピニオン
タンク容量 115ℓ
タイヤサイズ 前 5.50 x 15
タイヤサイズ 後 6.50 x 15
タイプ 2座スパイダー
全長 4060 mm
全幅 1480 mm
全高 1050 mm
ホイールベース 2320 mm
トレッド 前 1200 mm
トレッド 後 1200 mm
車重 590 kg(乾燥重量)
最高速度 270 km/h
0-100 km/h -
0-400 m -
0-1000 m -