概要

1953年

250 MM

250スポルトから派生した250 MMにはふたつのバージョンがありました。ひとつはピニンファリーナのベルリネッタで、新時代の到来を告げるデザインでした。もう1台はヴィニャーレによるバルケッタです。エンジン、サスペンションともに大幅な改良が加えられ、特にサスペンションにはフーダイル社製ダンパーが備わりました。ギアボックスはオールシンクロの4速。250スポルトと比べるとはるかに扱いやすいクルマでした。イタリア国内レースで数勝を挙げたほか、フィル・ヒルの操縦によりアメリカでもいくつかのレースに勝利しています。

Ferrari 250 MM - 1953

高精細「250 MM」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この1953年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

主要諸元

V12 エンジン

タイプ フロント縦置き・60度V型12気筒
ボア・ストローク 73 x 58.8 mm
1気筒あたり排気量 246.10 cc
総排気量 2953cc
圧縮比 9 : 1
最高出力 176 kW (240 hp) at 7200 rpm
リッターあたり出力 81 hp/ℓ
最大トルク -
バルブ作動システム SOHC 1気筒あたり2バルブ
燃料供給 ウェバー(トリプル)36 IF/4Cキャブレター
点火装置 1気筒あたり1プラグ、2コイル
潤滑システム ウェットサンプ
クラッチ マルチプレート
フレーム スチール製チューブラーフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、リーフスプリング、油圧ショックアブソーバー
サスペンション 後 ライブアクセル、半楕円スプリング、油圧ショックアブソーバー
ブレーキ ドラム
トランスミッション 前進4段+後進1段
ステアリング ウォーム&セクター
タンク容量 150ℓ
タイヤサイズ 前 6.00 x 16
タイヤサイズ 後 6.00 x 16
タイプ 2座クーペ、スパイダー
全長 -
全幅 -
全高 -
ホイールベース 2400 mm
トレッド 前 1300 mm
トレッド 後 1320 mm
車重 900 kg (クーペの乾燥重量)
最高速度 250 km/h
0-100 km/h -
0-400 m -
0-1000 m -