概要

Ferrari 250 P - 1963

1963年

250 P

250 Pは12気筒エンジンをミドシップした初のフェラーリで、1963年3月4日、モンツァで報道陣に発表されました。ピニンファリーナが手がけたボディラインは、素晴らしくクリーンでシャープなものです。コクピット直後の、ロールオーバーフープを内蔵するウィングが特徴的です。250 Pがサーキットで実力を発揮するのに長い時間は要しませんでした。セブリング、ルマン、ニュルブルクリンクと、高名なるサーキットで名誉ある勝利をあげています。しかし、これはウィニングリストのほんの一部に過ぎません。卓越した性能を発揮した250 Pは、ふたたびフェラーリにスポーツプロトタイプのタイトルをもたらしたのです。

主要諸元

V12 エンジン

タイプ ミドシップ縦置き・ 60度 V型12気筒
ボア・ストローク 73 x 58.8 mm
1気筒あたり排気量 246.10 cc
総排気量 2953cc
圧縮比 9.5 : 1
最高出力 228 kW (310 hp) at 7500 rpm
リッターあたり出力 105 hp/ℓ
最大トルク -
バルブ作動システム SOHC 1気筒あたり2バルブ
燃料供給 ウェバー 38 DCNキャブレター(×6)
点火装置 1気筒あたり1プラグ、2コイル
潤滑システム ドライサンプ
クラッチ マルチプレート
フレーム スチール製チューブラーフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
サスペンション 後 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
ブレーキ ディスク
トランスミッション 前進5段+後進1段
ステアリング ラック&ピニオン
タンク容量 130ℓ
タイヤサイズ 前 5.50 x 15
タイヤサイズ 後 7.00 x 15
タイプ 2座スパイダー
全長 4015 mm
全幅 1670 mm
全高 1080 mm
ホイールベース 2400 mm
トレッド 前 1350 mm
トレッド 後 1340 mm
車重 760 kg(乾燥重量)
最高速度 290 km/h
0-100 km/h -
0-400 m -
0-1000 m -