Ferrari 250 S - 1952

概要

250 S

1952年

250 Sのエンジンもやはり、ジョアッキーノ・コロンボが設計し、アウレリオ・ランプレディが開発を進めた3リッターV12です。ボディはヴィニャーレとトゥリングが製作しました。1952年はフェラーリにとって素晴らしい年で、ジョヴァンニ・ブラッコがフータ峠で目覚ましい活躍を見せてミッレミリアに優勝、アルベルト・アスカリがルマンで最速ラップを出しました。250スポルトは現役時代を通じて連綿と改良が施され、その成果はやがて250MMに引き継がれることになります。

主要諸元

V12 エンジン

タイプ フロント縦置き・60度V型12気筒
ボア・ストローク 73 x 58.8 mm
1気筒あたり排気量 246.10 cc
総排気量 2953cc
圧縮比 9 : 1
最高出力 169 kW (230 hp) at 7500 rpm
リッターあたり出力 78 hp/ℓ
最大トルク -
バルブ作動システム SOHC 1気筒あたり2バルブ
燃料供給 ウェバー(トリプル)36 DCFキャブレター
点火装置 1気筒あたり1プラグ、2コイル
潤滑システム ウェットサンプ
クラッチ シングルプレート
フレーム スチール製チューブラーフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、リーフスプリング、油圧ショックアブソーバー
サスペンション 後 ライブアクセル、半楕円スプリング、油圧ショックアブソーバー、アンチロールバー
ブレーキ ドラム
トランスミッション 前進5段+後進1段
ステアリング ウォーム&セクター
タンク容量 150ℓ
タイヤサイズ 前 5.50 x 16
タイヤサイズ 後 6.00 x 16
タイプ 2座クーペ
全長 3800 mm
全幅 1570 mm
全高 1400 mm
ホイールベース 2250 mm
トレッド 前 1278 mm
トレッド 後 1250 mm
車重 850 kg(乾燥重量)
最高速度 250 km/h
0-100 km/h -
0-400 m -
0-1000 m -