概要

1965年

275 GTB Competizione

このモデルのプロトタイプは、1965年に少なくとも2台が作られています。一説によると、ピニンファリーナの手になるデザインは、新しいベルリネッタに架装される予定だったといいます。しかしエンツォ・フェラーリはなぜかこのプロジェクトを握りつぶし、完成車は倉庫にしまい込まれたのです。その後、作業は再開、レース出走のために軽量化されます。275 GTBコンペティツィオーネは、1965年のタルガ・フローリオ、ニュルブルクリンク1000 km、ルマンに出場。

Ferrari 275 GTB Competizione - 1965
Ferrari 275 GTB Competizione - 1965

ルマンでは熾烈な争いが展開されましたが、エキューリ・フランコルシャンがエントリーし、ウィリー・メレス/“ボルリー”(ミリオネアのジャン・ブラトンはこの偽名でレースに出た)組は2台の250 LMに続いて3位に入賞、GTクラスで1位に輝きました。1966年、カスタマー向けに少数がシリーズ生産され、生産型と同じボディが架装されました。

高精細「275 GTBコンペティツィオーネ」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この1965年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

主要諸元

V12 エンジン

タイプ フロント縦置き・60度V型12気筒
ボア・ストローク 77 x 58.8 mm
1気筒あたり排気量 273.81 cc
総排気量 3285cc
圧縮比 9.5 : 1
最高出力 221 kW (300 hp) at 7600 rpm
リッターあたり出力 91 hp/ℓ
最大トルク -
バルブ作動システム SOHC 1気筒あたり2バルブ
燃料供給 ウェバー 40 DCN/2キャブレター(×6)
点火装置 1気筒あたり1プラグ、2コイル
潤滑システム ドライサンプ
クラッチ シングルプレート
フレーム スチール製チューブラーフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
サスペンション 後 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
ブレーキ ディスク
トランスミッション 前進5段+後進1段
ステアリング worm and roller
タンク容量 140ℓ
タイヤサイズ 前 5.50 or 6.00 x 15
タイヤサイズ 後 6.50 or 7.00 x 15
タイプ 2座クーペ
全長 4300 mm
全幅 1700 mm
全高 1160 mm
ホイールベース 2400 mm
トレッド 前 1377 mm
トレッド 後 1426 mm
車重 980 kg(乾燥重量)
最高速度 282 km/h
0-100 km/h -
0-400 m -
0-1000 m -