概要

Ferrari 275 GTB4 - 1966

1966年

275 GTB4

1966年のパリ・サロンでデビューした275 GTB/4は、4カム V12を搭載した初めての生産型フェラーリでした。このV12はP2プロトタイプ用の直系となります。

フォーカス・オン

ウェバー40 DCNを6基備えた新型エンジンは中速回転域で厚いトルクを発揮する一方、最高出力を8000rpmで発揮するという高回転型でもありました。新しく施行されたアメリカの安全基準により1年半しか生産されず、その間、約330台が作られています。

275GTB/4ベルリネッタは275GTBの後継車で、大きな違いは各バンクあたり2本のカムシャフトが走る4カム V12エンジンを搭載していることです。1966年のパリ・サロンで初めて姿を現し、1968年3月まで生産されています。この間、09007 から11069までのシャシー上に330台が作られました。

続き
Ferrari 275 GTB4 - 1966
Ferrari 275 GTB4 - 1966

デザイン

275GTB/4は外から見る限り“ロングノーズ”2カムモデルと事実上変わるところはありません。しかしボンネットを開けずに2つのモデルを見分ける簡単な方法があるのです。275GTB/4のボンネットには中央に細くて浅いバルジが前から後ろに走っているのです。初期型2カムモデルのボンネットも中央部が平らに盛り上がっているので、これと混同しないよう気をつける必要があります。2カムモデルと同じく、ピニンファリーナデザインのボディはスカリエッティが製作し、通常、ボディ本体はスチール製で、ドア、ボンネット、トランクリッドがアルミ製ですが、総アルミボディの個体も少数あります。
ボディは、ティーポ596というホイールベース2400mmのシャシーに架装され、すべてロードカー用の奇数のシャシーナンバーが打刻されました。シャシーは2カムモデルと事実上同一ですが、駆動系のレイアウトに細かな差違があるため別の社内コードネームが与えられました。左右どちらのハンドルでも選べる点も2カムモデルと同じ。標準ホイールは軽合金製の10穴デザインでしたが、生産期間を通じてボラーニ製ワイアホイールもオプションで用意されました。軽合金製ホイールも3枚耳のスピンナーで固定します。

ヨーロッパ市場向けのテールライトは丸形で、上半分がオレンジの方向指示器として働き、中央に丸形のリフレクターが備わります。北米仕様はレンズ全体が赤で、中央のリフレクターが丸形でした。

エンジン

エンジンの主要寸法と基本レイアウトは275GTBの2カムユニットと同様ですが、各バンクに2本のカムシャフトを持つ新型ヘッドが装着されていました。社内コードネームはティーポ226で、77mm x 58.8mmのボア・ストロークから3286ccの排気量を得ることは275GTB用ユニットと変わりません。しかしプラグの位置は、Vバンクの外側からカムシャフトの間へと変更されています。

また、潤滑がドライサンプになったことも大きな変更点です。キャブレターは、6基のウェバー(40 DCN9、 40 DCN 17、 40 DCN 18のいずれか)を備えます。点火は2基のコイルにより、ディストリビューターはエンジン後方にマウントされます。公表出力は300bhp。2カムモデル後期型と同じように、駆動力はトルクチューブ内の、エンジンスピードと等速で回転するプロペラシャフトを介して5速のトランスアクスルに伝達されました。トランスアクスル自体はシャシーから独立してマウントされており、ここから左右のハーフシャフトを介して後輪に駆動力を伝達します。リアサスペンションは275GTB 2カムモデル同様、ダブルウィシュボーン、コイルスプリング、油圧ダンパーで構成されます。

このモデルのコンペティションバージョンはありません。ただしオーナーの大半はこのクルマを軽くチューンして様々なイベントを走っていたことも事実です。それも完璧な勝利が目的ではなく、もっぱら個人的楽しみのためだったと思われます。

Ferrari 275 GTB4 - 1966

高精細「275 GTB4」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この1966年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

主要諸元

V12  エンジン

タイプ フロント縦置き・60度V型12気筒
ボア・ストローク 77 x 58.8 mm
1気筒あたり排気量 273.81 cc
総排気量 3285 cc
圧縮比 9.2 : 1
最高出力 221 kW (300 hp) at 8000 rpm
リッターあたり出力 91 hp/ℓ
最大トルク -
バルブ作動システム DOHC1気筒あたり2バルブ
燃料供給 ウェバー40 DCN 9キャブレター(×6)
点火装置 1気筒あたり1プラグ、2コイル
潤滑システム ドライサンプ
クラッチ シングルプレート
フレーム スチール製チューブラーフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
サスペンション 後 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
ブレーキ ディスク
トランスミッション 前進5段+後進1段
ステアリング ウォーム&ローラー
タンク容量 94ℓ
タイヤサイズ 前 205 x 14
タイヤサイズ 後 205 x 14
タイプ 2座クーペ
全長 -
全幅 -
全高 -
ホイールベース 2400 mm
トレッド 前 1401 mm
トレッド 後 1417 mm
車重 1100 kg(乾燥重量)
最高速度 268 km/h
0-100 km/h -
0-400 m -
0-1000 m -