概要

Ferrari 275 GTS - 1964

1964年

275 GTS

275 GTBのスパイダー版であるピニンファリーナデザインの275GTSは、リア独立サスペンションとリアマウントのギアボックスを共用しています。V12の潤滑はウェットサンプになりましたが、パワーはベルリネッタより20bhp落とされています。クルマの性格とターゲットにする顧客層からして、最高出力よりトルクと柔軟性を重視したからです。275 GTBには軽合金ホイールが付くのに対し、275 GTSにはワイアホイールが装着され、エレガントな外観を演出していました。

フォーカス・オン

275GTSスパイダーは275GTBと並んで1964年のパリ・サロンに展示されました。250GTカリフォルニアの生産が1963年序盤に終わって以来、ほぼ2年間のブランクを経てフェラーリのカタログにオープンモデルが戻ってきたのです。

続き
Ferrari 275 GTS - 1964
Ferrari 275 GTS - 1964

デザイン

メカニカルなレイアウトはベルリネッタとほぼ同じですが、ピニンファリーナのボディはまったくの別物。それに、ピニンファリーナがデザインしたベルリネッタボディはモデナにあるスカリエッティが製作したのに対し、スパイダーボディはトリノのピニンファリーナファクトリーで組み立てられ、内装まで完成した状態でフェラーリのファクトリーに送られ、そこでメカニカルコンポーネントを組み込んだのです。

275GTSスパイダーのラインはベルリネッタと比べるとソフトかつ保守的で、ノーズは250GTカリフォルニアを模しています。奥行きの浅い、ほぼ角形の格子パターングリルが特徴で、全幅にわたるバンパーにオーバーライダーが付きます。浅いくぼみにオープンヘッドライトが収めました。フロントのフェンダーラインはほぼ直線を保ちつつキャビンに至り、リアフェンダーでかすかに持ち上がった後に角を丸めたテールパネルへと落ち込んでいきます。テールパネルにはラップラウンドのテールライトが水平に付き、表面にラバーを貼り付けたオーバーライダー付きのコーナーバンパーが備わります。1965年に330GT2+2がスタイルの改変を受けた際、275GTSのノーズも同じように変わりました。このとき、330GT2+2も275GTSも、フロントフェンダーに11本あったルーバーが3本になり、前端と上下にアルミ磨きだしのストリップが備わっています。折りたたみ式の幌はキャビン後部のくぼみに収まり、降ろした際はクリップオンのカバーで固定することができました。

シャシー

ベルリネッタ同様、ボディはホイールベース2400mmのシャシー(ティーポ563)上に架装されました。すべてロードカー用の奇数のシャシーナンバーが打刻され、275GTBと同じく左右どちらのハンドルも選ぶことができます。標準のホイールは生産期間を通じてボラーニのワイアホイールでした。

生産期間中にハードトップがオプションになったもののほとんど出荷されず、今日では希少アイテムになっています。ごく初期型には“ツイン”パッセンジャーシートが備わりました。非常に幅広のシートで2人が座れたのですが、アイディア倒れに終わり、通常の2座席に取って代わられました。

Ferrari 275 GTS - 1964
Ferrari 275 GTS - 1964

エンジン

エンジンは275GTBと同じ、各バンクに1本のカムシャフトを持つV12で、社内コードネームはティーポ213、77mm x 58.8mmのボア・ストロークから3286ccの排気量を得ていました。キャブレターは3基のツインチョーク・ウェバー40 DCZ/6か、ウェバー40 DFI/1。点火は2基のコイルにより、ディストリビューターはエンジンの後方にマウントされます。公表出力は260bhpでベルリネッタと比べて20bhpダウンしており、このモデルが抑制のきいたモデルであることがわかります。トランスミッションとサスペンションのレイアウトもベルリネッタと同じで、5速のトランスアクスルと、全輪独立サスペンションを備えます。ただし強固なトルクチューブを用いた動力伝達方式は採用になりませんでした。生産期間は1964年後期から1966年始めまで、シャシーナンバーは06315 から始まり08653までとなります。

高精細「275GTS」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この1964年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

主要諸元

V12  エンジン

タイプ フロント縦置き・60度V型12気筒
ボア・ストローク 77 x 58.8 mm
1気筒あたり排気量 273.81 cc
総排気量 3285 cc
圧縮比 9.2 : 1
最高出力 191 kW (260 hp) at 7000 rpm
リッターあたり出力 79 hp/ℓ
最大トルク -
バルブ作動システム SOHC 1気筒あたり2バルブ
燃料供給 ウェバーr 40 DCZ/6 or 40 DFI/1キャブレター(トリプル)
点火装置 1気筒あたり1プラグ、2コイル
潤滑システム ウェットサンプ
クラッチ シングルプレート
フレーム スチール製チューブラーフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
サスペンション 後 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
ブレーキ ディスク
トランスミッション 前進5段+後進1段
ステアリング ウォーム& ローラー
タンク容量 84ℓ
タイヤサイズ 前 195 or 205 x 14
タイヤサイズ 後 195 or 205 x 14
タイプ 2座スパイダー
全長 4350 mm
全幅 1675 mm
全高 1250 mm
ホイールベース 2400 mm
トレッド 前 1377 mm
トレッド 後 1393 mm
車重 1120 kg(乾燥重量)
最高速度 242 km/h
0-100 km/h -
0-400 m -
0-1000 m -