Ferrari 328 GTS - 1985

概要

328 GTS

1985年

ベルリネッタ同様、Cd値と揚力特性を念頭に置いたピニンファリーナのデザインは、細部にいたるまで細心の注意が行き届いており、これが素晴らしい結果をもたらしています。キャビンの人間工学も一層の改善を見せており、たとえばシートはスポーティなドライビングスタイルにマッチした形状に改められ、クルマの性格に相応しいものとなっています。328 GTB/Sともにロープロファイルタイヤと、16インチ軽合金ホイールがオプションで用意されました。

フォーカス・オン

Ferrari 328 GTS - 1985

328 GTS と、そのベルリネッタ版の328 GTBは自然吸気V8エンジンを横置きにした2シーターシリーズの最終型でした。モデル名の328は、排気量の3.2リッターと8気筒を示しています。2つのニューモデルは、モンディアル3.2と並んで1985年のフランクフルト・ショーでデビューしました。

続き

ストーリー

基本的に328 GTSは308 GTSのアップデートバージョンです。その308 GTSは3リッターエンジンに様々な変更を受けつつ、全体のフォルムには根本的な変更なしに8年の現役生活をまっとうしました。

328 GTSは先代モデルと比べると、ウェッジシェープが穏やかになりました。ノーズのデザインに手直しを受けて丸みを帯びた形状になり、テールも同様なデザイン処理を受けました。変更を受けた前後部分には、ロアーパネルと一体の、ボディと同色に塗られたバンパーが備わりました。同時代のモンディアル3.2に施された変更と同じで、ラジエターグリルとフロントのコンビネーションライトのレイアウトも両モデルで共通しています。結果的にすべての8気筒モデルのフロントとリアはほぼ統一化され、血のつながりを感じさせるデザインになっています。308シリーズではリトラクタブルヘッドライトの後方に熱気抜きのルーバーが備わっていましたが、328 GTSではこれが消滅し、その代わりフロントリッドのラジエター熱気抜きルーバーが備わりました。このルーバーは先に308クワトロヴァルヴォーレで採用されたものでしたが、328 GTSでは一回りサイズが大きくなりました。また、外部ドアハンドルの形状と位置も変更になりました。

Ferrari 328 GTS - 1985
Ferrari 328 GTS - 1985

インテリアトリムは全面的に刷新されました。シートのデザインとステッチ、ドアパネル、ドアハンドルが新しくなり、スイッチも現代的なデザインに改まりました。これと歩調を合わせてエクステリアの細部も洗練されました。以下にオプションを列挙します。エアコン、メタリック塗装、ピレリP7タイア、革張りダッシュボード、取り外し可能なルーフパネル用革張りヘッドライニング、リアウィンドーを取り囲むルーフスポイラー(日本仕様では標準)。

1988年中盤、ABSがオプション装備されるようになります。ABSを装着するにはネガティブオフセットが必要で、サスペンションのジオメトリーが変更されました。その関連でネガティブオフセットを収容できるホイールも必要になります。結果的に、ABSの有無に関係なくオリジナルのフラットスポーク星形ホイールに代わり、凸型デザインのホイールが装着されました。3.2モンディアルに装着されたのと同じタイプです。

シャシーとエンジン

主たるマーケットであるヨーロッパ市場向け328 GTS用チューブラーシャシーの社内呼称は、ティーポF 106 MS 100でした。サスペンションはウィッシュボーン、コイルスプリング、油圧ダンパーによる全輪独立、ディスクブレーキも全輪に備わり、前後にアンチロールバーがつきました。仕向地によって様々な仕様が用意され、ハンドルも右左のどちらかを選ぶことができました。

V8エンジンの基本設計は308クワトロヴァルヴォーレ用ユニットと同じで、83mm x 73mmのボア・ストロークから3185ccの排気量を得ていました。社内呼称はティーポF 105 CB 000です。ボッシュのKジェトロニックは先代モデルから引き継がれましたが、点火系はマレリのMED 806 A電子制御式が装着されました。公表出力は270bhp/7000rpmです。308同様、このエンジンと組み合わされるのがオールシンクロの5速トランスミッションで、エンジンサンプのリア下側に位置しました。

328 GTSは4年にわたり生産され、1989年秋、348 tsに取って代わられました。この間、シャシーナンバー59301から83136にいたる6068台が作られました。つまりGTSはGTBに比べてほぼ5倍の台数が作られたことになります。シリーズの前半ロットはロードカー用の奇数のシャシーナンバーが打刻され、シャシーナンバー75000以降は、連番のシャシーナンバーが打刻されました。

Ferrari 328 GTS - 1985

高精細「328 GTS」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この1985年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

高精細「328 GTS」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この1985年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

主要諸元

V8  エンジン

タイプ ミドシップ縦置き・90度V型8気筒
ボア・ストローク 83 x 73.6 mm
1気筒あたり排気量 398,22 cc
総排気量 3185.76 cc
圧縮比 9.8 : 1
最高出力 199 kW (270 hp) at 7000 rpm
リッターあたり出力 85 hpℓ
最大トルク 304 Nm (31 kgm) at 5500 rpm
バルブ作動システム DOHC1気筒あたり4バルブ
燃料供給 ボッシュ機械式燃料噴射
点火装置 マレリ点火システム
潤滑システム ウェットサンプ
クラッチ シングルプレート
フレーム スチール製チューブラーフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
サスペンション 後 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
ブレーキ ディスク
トランスミッション 前進5段+後進1段
ステアリング ラック&ピニオン
タンク容量 74ℓ
タイヤサイズ 前 205/55 VR 16
タイヤサイズ 後 225/50 VR 16
タイプ 2座タルガトップ
全長 4255 mm
全幅 1730 mm
全高 1128 mm
ホイールベース 2350 mm
トレッド 前 1485 mm
トレッド 後 1465 mm
車重 1273 kg(乾燥重量)
最高速度 263 km/h
0-100 km/h 6.4秒
0-400 m 14.3秒
0-1000 m 25.7秒