概要

1962年

330 LM

この4リッター・ベルリネッタレーシングカーは刻々と変わるFIAのレギュレーションに合わせて作られました。最初の2台のボディは250 GTOとよく似ており、まれに“4リッターのGTO”と呼ばれることもありました。3台目以降のクルマにはピニンファリーナ独特のボディが架装され、角度によっては250ルッソに似ているように見えます。ただしノーズの形状はやはり250 GTOに近いと言えるでしょう。330 LMは多くのレースに起用されましたが、LMの名称通り、ルマンへの出場が際立っています。

Ferrari 330 LM - 1962

高精細「330 LM」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この1962年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

主要諸元

V12 エンジン

タイプ フロント縦置き・60度V型12気筒
ボア・ストローク 77 x 71 mm
1気筒あたり排気量 330.62 cc
総排気量 3967cc
圧縮比 8.8 : 1
最高出力 287 kW (390 hp) at 7500 rpm
リッターあたり出力 98 hp/ℓ
最大トルク -
バルブ作動システム SOHC 1気筒あたり2バルブ
燃料供給 ウェバー42 DCNキャブレター(×6)
点火装置 1気筒あたり1プラグ
潤滑システム ドライサンプ
クラッチ マルチプレート
フレーム スチール製チューブラーフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
サスペンション 後 ライブアクセル、半楕円スプリング、筒型ショックアブソーバー
トランスミッション 前進4段+後進1段
ステアリング ウォーム&ローラー
タンク容量 140ℓ
タイヤサイズ 前 6.00 x 15
タイヤサイズ 後 7.00 x 15
タイプ 2座クーペ
全長 4360 mm
全幅 1675 mm
全高 1245 mm
ホイールベース 2420 mm
トレッド 前 -
トレッド 後 -
車重 950 kg(乾燥重量)
最高速度 280 km/h
0-100 km/h -
0-400 m -
0-1000 m -